Martintonの日々

小泉スタジオ・ベース&仮歌日☆
行けると踏んで、夜明け前から励んだ歌詞にも、自ボツを下し転換発想出来ぬまま、スタジオへの時間が迫り、一幕★

締め切りラインが見えて来て二人、ほんのりお尻に火が点って来とります♪
ユ〜ッタリやってた日々のツケ回りで、作業スピードの加速を感じます(笑)。しかし何だか、良いアルバムになりそう!なる、漂いの甘い思考が未だ、隙間に分け入り着席♪
まだ一曲も本チャンの歌も録れてないし、歌詞も一曲姿も現さないのに★
なれど、小泉信彦Bロック(仮タイトル)のベースで、気合い伝染♪♪

スタジオ楽し☆




私席辺り用に、心遣いな扇風機登場♪


まさとし
2016_5月 : comments (0) : trackback (x)
昨夜 六本木アビーロードへのご来場ありがとう♪来月は19日(日曜)に出演します。





デート相手は楽器です♪

楽しみにしていたデート相手に、思いがけず振り回されたような1日(ステージ日)でした♪
理解し合う?大切さを、予備知識だけで軽んじてはいけない起き事を、改めて知った夜でもありまいた。
ひとつひとつを縮めて行かなければ、加齢を味方には出来ませぬ♪


まさとし
2016_5月 : comments (1) : trackback (x)
昨夜はお友達ユニットにゲスト出演☆ 明日は、六本木アビーロード“レボキュー”で出演します☆
久しぶりのユニットゲスト♪
とにかく、楽しい夜☆




まさとし
2016_5月 : comments (0) : trackback (x)
ドラム録り曲の全てを終わり、感触確かめる感じで、歌ってみました☆



今回多用♪。

左手をスネアー(一番使う派手太鼓)に置くようにして、皮とリム(太鼓周りの金輪っか)を同時に鳴らす(リムショット)と、「カッン」と良い音がするスポットがあります。
今回のアルバムばでは、かなり多用しとります。
マジックインキで印した辺りが、「カッン」処☆


まさとし
2016_5月 : comments (2) : trackback (x)
二日目終了☆
勢いの一曲一曲!
年齢的に集中は、一刻を争います♪

今回の思いつきで、普段全然使わない2タムをフロントに装着しての録音。
勝手違うので、楽器を確認しながら集中演奏に徹しないと、予想と異なる音がフレーズ途中に鳴ってくれたり♪偶に、楽器以外部分のカチッ!(笑)や、虚空を叩いたりと(笑)♪
間抜けなるシーン続出♪
録音以外の小エピソードも、満載な日々ですが、心地良く階段は登って行けてる感じ、しとります。です♪




まさとし
2016_5月 : comments (0) : trackback (x)
レコーディング中!勿論エンジニアは安部徹さん☆
3rdアルバムのドラム録りに入りました♪




まさとし
2016_5月 : comments (2) : trackback (x)
秀吉が有名にしたと言われてる、伏見の羊羹(ブラタモリ)☆旨し♪
レム睡眠時?不意に真夜中のドアば開けられ、まだ霧な意識から、考え始める癖が付きようけん困っとうとです。
形にすると、そのまま目覚めてしもうて、つい冷蔵庫の羊羹に手が伸びたりするとです(今朝方も(笑))♪
終盤REC、作詞な季節。


まさとし
2016_5月 : comments (0) : trackback (x)
手相少し視れます(笑)♪
蒼い頃、旅先の本屋で時間潰しに買った手相本。
一冊だけの薄い知識で、テキト〜を言ってた(勿論女子達に(笑))時期あり♪
本の受け売り似非者に何やら、当たると小評判が立ち。面倒臭くなった記憶、この写真で蘇り♪
三連スタジオ終了☆


まさとし
2016_5月 : comments (1) : trackback (x)
着替えTシャツは、沢山持って来てます。本日は、ソロアルバム自主リハーサル三連、中日。
叩きまくる汗のリハーサルよりも、バリエーション豊かなリハーサルの方が、沢山のTシャツを消費します。
ガンガン行く場合は、身体が冷える間無く次に行けるので汗だくシャツでも、休憩時間替えで充分。
しかし汗曲(特に、じんわり滲む曲)の後、叩きながら冷えて行く、スロー曲が並ぶメニューな場合は、危険♪
少しでも汗染み始めたら、転ばぬ先!の着替えを心掛けとります。

〜てな事を考え始めたのも、つい還暦前後辺りから(笑)。
その昔は、「気を張っていれば、風邪なんかひかない」との豪語の都合上、三年ぐらい風邪が寄りつかなかった事も、ありましたっけ。

懐かしか〜♪


まさとし
2016_5月 : comments (0) : trackback (x)
本日、対面スタジオ若人日♪
その昔、あまりサブレと言う物に興味無かった時代、何方かのお土産で頂き、考えを変えたのを思い出します♪

奏者の世界に踏み込むと、疑問ばかり、回り道だらけです。
対面スタジオは、僕の経験上で知る限りの近道の存在を伝える、そんな処。
沢山の回り道から、近道を見つける快感もあります。が、その近道が本道となり、より優れ新た道を見つけ出す快感へと繋がるはず!な使命感も、大切にしています。

若い勢いは、教えた端から近道パイプを潜り抜け、部分的ですが、此方を追い抜いて行く、頼もしい奴も現れて来ます。
抜かれる快感は証明、何よりです☆
また、我が子より年下世代や、あらゆる世代との会話が出来るのも、このスタジオの楽しみ。垣根越えずとも、教えて貰う事も多々♪




2016_5月 : comments (0) : trackback (x)
Apr.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30