Martintonの日々

私は見物者(博多に来ています♪)
山笠は見ると出るとでは大違いを、改めて実感。
近くにいた警護の若いお巡りさんと妙に親しくなり、ひとしきり山笠苦労話に花咲かせました。




直会(なおらい)ハシゴ♪

昨夜は、この祭りで重要の位にいる同級生の詰所を訪ねて、直会(その日の反省・勉強・懇親会)のハシゴを、存分に楽しませて頂ました。今は身体を麦が巡っとります☆


まさとし
2013_7月 : comments (6) : trackback (x)
WH2&M☆リハーサルめでたく終了♪
充実の六時間でした♪


まさとし
2013_7月 : comments (1) : trackback (x)
素晴らしき空腹での目覚め♪
こんな年齢になっても、時折空腹をおぼえ目覚める朝が、あったりもします。トラブル多発な虚弱体質ながらも、どうにかその日その日気まぐれに訪れてくれる健康実感を、ありがたく思っとります。

しかし、遙か彼方なる子供の頃のワタシ。
巣くう虚弱に心身の支配を許し、今とは少し異り、空腹等の意味を理解出来ない哀れ愚かな子供でした。

母「まさとし〜!朝ご飯ば食べなさい!なあも腹に入れんで学校に行ったらいかんよ!」

昭和25年10月2日生まれ。
食糧事情厳しい時代に、衣食住を守る為に、親が懸命に働き頑張ってくれている事を、知らず気付けず。
随分罰当たりな食事の時間を過ごしていました。

「人間はなしてご飯ば食べないかんとかいな?なあも腹が減っとらんとに?」などと、不埒にも、食事の時毎に本気でそう思っとりました。

何故にそんな子があの時代にいれた(両親に感謝☆)のかを、拙い眼力を拙い盾にし、幼さない頃を言い訳る事に。

「お腹が空いた母ちゃん〜なんかない」等の、子供がよく使うとされる言葉を、僕はあまり使った記憶がありません。

日々、近所の遊び場で、「コイツ目が殆ど見えとらんじぇ〜」を理由に、みんなの遊びの輪の外に出されて、あぶら虫(遊び相手にならないので、ただそこにいる事だけを許された?除け者)とされる存在でした。

他の子供達のように、外で活発に体を動かし時を忘れ遊びに夢中になる事等を、ほぼ体感することなく、その場にただ一緒にいるだけの子供でした。

保育園入園後も状況は変わらず、外遊びの場へ入る事は、指導者が危険と判断し始め、次第に許されなくなって行きました。

そして小学校時代の体育実技時間もまた。
戸外の眩しさに、視力が全然機能しないと云う現実を積み上げられ、やはり無理との判断(実際に充分に危険ではありましたが★)が下され、見学と言う名で教室居残り者を言い渡される事になり。遂には運動会等に出る事も、一度も叶いませんでした。

その流れで、眩しさがやわらぐ、体育館の室内実技でも同じ扱いでした。
僕にも出来そうな・得意そうな室内競技は幾つかありましたが、試させてもらえぬまま、当然のように参加できず、ひたすら授業の終わりを待つだけの、あぶら虫時間を潰していました。
ついでに加えれば、小・中学校時代、黒板への最前列中央でも、教師がチョークでこする文字に視力は及ばず。故に教室での授業も、内心放棄な状態。
ノートでの落書き遊びを重ねる日々は続きました。

大切な成長期に、努力を怠る事を覚え、運動を汗に替える快感をも知らず、頭も身体も鍛えず使わない日々をずっと送ってしまったという訳です。
こんな子には、お腹が空かないうちに、いつも次の食事の時間が巡って来る日々が与えられました。

好きな駄菓子だけを食べ、野菜は勿論、肉や魚貝や果物も、全てを口に運べない、偏食虚弱怠け小僧が育まれて♪いきました。

生家は、かまぼこ屋。
食事は職人さん達と常に一緒に済ませる習慣でした。
が、食堂のテーブルに並ぶ母親苦心のおかずに、食欲を一切感じず。
忙しい親の、目が届かない事をいいことに、ご飯にふりかけ(のり玉・すきやきふりかけ♪)をかけ、その時を凌いで?いました。

幼い頃からの僕の夢は(今も?)、他の子と同じ視界を頂き、思いっきり心身を動かして、大汗をかく事だったりした訳です。

高校時代に親戚の正信ちゃん(過去のブログに強い存在感な彼の事と書いてたス)に誘われ、優れた彼の指導の元、運良く僕が手に出来た最初のスポーツ。それがアイススケートでした。
これを滑れるようになった事で、それまでの人生感や、ひとが僕に対する態度が一変したのを覚えています。
まさのぶちゃんに強引にスケート場に連れて行かれ、スポーツ万能の彼の手にぶら下がり、滑れないはずのリンクを、彼の頼り甲斐ある右手で僕の身体はコントロール。
最初からリングをグルグル回り滑らされ、的確な指導と包容力で、初日のうちにかなり滑れるようになったのは、スポーツには縁遠いと決めつけてた私には大事件となりました。

そして訪れた青春の大転換期に、音楽(ドラム)を知り、味方に付け。
開発され登場した度付きサングラスが、未知の世界への自由(少し)な扉を開き、突如僕の領域に、スポーツ力が(勿論限られてますが)雪崩れ込んで来たのです。

アイススケート・ローラースケート・ジョギング。そしてかなり後から加わった水泳(有り難き度付きグラサンゴーグルの登場にて)。

玉の汗をかく爽快感と、空腹の意味を身体全体で理解出来るようにもなりました。
そして素晴らしき“麦”との出会いでは、食欲増進が加わり偏食が治り、オセロゲームのように全ての食品が好物の色へとひっくり返って行き(鶏肉以外♪)まいた☆

そして空腹で目覚める、朝の登場☆

−めでたし−


まさとし
2013_7月 : comments (5) : trackback (x)
ぼくのYouTubeチャンネル作りました。
遠方やご都合でなかなかソロライヴに来れない方や、何をやっているのか?知りたい方々に。
そしていつも足を運んでくれる人達への感謝の気持ちでもあります♪

ソロライヴやWH2&M(二子玉カルテット)やその他のユニットの動画を少しずつ流して行くつもりです。
是非見てね☆


しかしやはり夏本番!
昨日の対面スタジオの行き帰り走りで、気絶するほどの玉の汗を生産♪

麦美味し☆


まさとし

上田雅利オフィシャルYouTubeチャンネル
2013_7月 : comments (6) : trackback (x)
本日、二子玉カルテット(WH2&M)リハーサル☆
七月二十日 二子玉川のKIWAへ向けて本格始動♪
楽しかった〜♪
個性豊かな4つの音色の混ざり具合が、すこぶる良い感じ☆
素敵なライヴになりそう♪

おひとりでも迷わずご来場下さい。置き去りにはしませんよ。
“KIWA”は何処からでもステージが観やすい、とても親切な造りの会場です。
チューリップでは決して聴けない、驚きの初期作品にも挑戦しとります☆


まさとし
2013_7月 : comments (2) : trackback (x)
小泉スタジオ日♪
アイデアがピンポンしていい感じ時間♪
七月二十日 二子玉川の KIWAが楽しみに。


まさとし
2013_7月 : comments (9) : trackback (x)
何故か快調リハーサル。
ファイナル公演で精魂使い果たし。
心地良き燃えカス状態でメンバーと熱く打ち上げ、その上その後スタッフの打ち上げにまでなだれ込んでの大騒ぎ♪

なんとホテルに戻ったのが、真夜中の三時過ぎでした。

遅い目覚めの後は、そんな前夜の疲れに身体は占拠されっ放しでした。
がしかし、キャバーンビートでのリハーサルが始まるとなんだか?力漲り始めてたワタシ♪




ありがとう☆

福岡サンパレスツアーファイナルの次の日なのに、まったくの平日なのに、店を埋め尽くしてくれたみなさん、有り難う。
やむを得ぬ事情で途中で帰られた方々、そして僕のブログの呼びかけに勇気をもって1人参加を決意してくれた人達、本当に有り難う♪

やって良かった☆を実感しています。
終演後の和気あいあいな円卓懇談会も、楽しかったぜ〜。

感謝してます。




まさとし
2013_7月 : comments (17) : trackback (x)
チューリップ40周年ツアー、最終公演へようこそ♪



福岡上田倶楽部。




楽屋チャンポン☆




最終日トレーニング収め♪




上田楽屋☆

前回ツアー、ノロでの二日間を乗り越えし、験が良い楽屋ナリ☆




想い出のふりすぴー♪




怒涛なアンコール☆




ありがとう☆




本日(7月3日)は打ち上げライヴの日☆

清川のキャバーンビートでワタシ弾けます☆
歌います。叩き歌います。
終演後は大歓談会ダス♪
ご来場のみなさん1人1人とお話がしたい。
ひとり参加の方も大歓迎♪


まさとし
2013_7月 : comments (11) : trackback (x)
三十九公演目、長崎ブリックホール無事終了致しました。



ご来場有り難う☆







真夜中のカップチャンポン♪

この左の丸を頂く前に既に、ケータリングの残りのおにぎり一個とサンドイッチも、お腹を収めた上での暴挙ダス♪




長崎走り☆

真夜中の過食の罪滅ぼしに、朝の長崎を走りまいた。浦上川の遊歩道心地よし♪




福博走り♪

せっかくの故郷。スタジオ終わりスタッフに荷物を預け、久々福博(福岡・博多)走り♪
途中長法被(当番法被)を着た人達と何人もすれ違いました。
そう〜もう七月☆山笠の季節です。

明日 福岡サンパレスで待ってま〜す♪

で、明後日は打ち上げライヴな感じで、キャバーンビートに出演します。
語らいの場にもなるはず。おひとりでもどうぞ!



まさとし
2013_7月 : comments (15) : trackback (x)
Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30