Martintonの日々

左手の潜在能力
楽器を修得しようとする者にとって、利き腕とは逆の腕を鍛え上げ、その潜在能力を如何にして引き出すかが、ある意味上達への大切なカギともなります。
つまり右利きの場合、左手をより右並みに使いこなせる事が理想的とも言えるのです。

うらやましくも左右を均等に器用に使い分けれる人を見かける事が稀にありますが、その人が楽器に興味が無くとも、響かないと感じていても、ついしつこく『勿体無い!』を連発してしまいます。

僕はと言えば、朝顔を洗う時でさえ右手一本から始まる、生活全般が超偏り過ぎのザ・右♪族でした。
故に、新たな目標への道すがらその偏りから、沢山の洗礼を受ける事ともなりました。

チューリップを早期退社し、仕事も心も新天地移住を果たした三十代の試みとして、左手強化の為、食事の際の箸を持つ手を、左に変えよう♪と挑んだ時期がありました。

その時まず最初に取り組んだのが、器に入っているピーナッツを、左箸で摘み別の空の器に移し替え、又その逆を、繰り返し行う事でした。

最初は多少手間取りましたが、テレビの前での遊び感覚で気長にやったのが効を奏したのか、思いの外上手く運んでしまい、直ぐ次なる段階へ進むバネを得ました。

で今度は一気に思い切って、本丸の食事時の箸の持ち替えに挑戦してみる事にしました。
がやはり難攻不落♪
おかずによっては掴み難い物もあり、とても美味しくは食べきれず、食欲を正面から満たせないフラストレーションを生む結果となり、ひとまずそこからは退却する事に♪

で今度は、ある程度空腹が収まる、食事の終盤の挑戦に切り替えてみました。
ご飯茶わんにかたまりこびり付くお米との闘い等、辛抱の時間はかなり続きましたが、終わりをまとめる形は、何とか乗り切れるようになりました。

でも次直ぐに本丸攻めには行かず、飲みの席でのおつまみ掴み♪で自力を上げる作戦に出ました。

しかしそこに罠が潜んでいたのです。
始まると長丁場なお酒の時間。酔う事で変な集中力も荷担して、右手よりむしろちゃんとした形で箸を持てるようになった左手♪
その箸使いに妙に達成感を覚えてしまい、本丸を目指す前に気分が修了!してしまったのです。
『何だかこれで、左手での食事が見えて来た!』との油断見解が休憩の道へと誘導★

実は面倒だと悟っていた本丸への攻撃を、次第に回避するようになって行ってしまいました。

やがて、両手万遍なく均等練習第一!
な言い訳に、左箸トライアルは露と消えて行ってしまってたと言う!
お粗末!

青年老いやすくガク♪成り難し!?


まさとし
2012_1月 : comments (2) : trackback (x)
地下鉄で見つけた広告シール♪
誘われた気がして、本屋に行き長い時間を過ごしても、その時の一冊に出会えない時があります。
割と♪


まさとし
2012_1月 : comments (1) : trackback (x)
ひと工夫♪
自宅に戻り気分新たに、14日のSLVに向けて、スピードに対応出来る身体作りを始めました。

工程は変わらずも、歳を追う毎に到達までの時間は未知♪

多少の無理はするもの!
との心構えは、いつもと変わりません。
身体を痛めて遠回りまわりしないよう、やり過ぎない無理との駆け引きが肝心です。

その為の新たなるひと工夫が上手くヒラメくと、結果上達ゲートへの道しるべ発見に繋がる事も、あったりする訳です。

しかし内蔵する旧世代の真空管には♪
未だ何も灯ってはいませんが♪




新名所景色☆

正月二日からしばらく、この景色の側にいました。


まさとし
2012_1月 : comments (1) : trackback (x)
正月の再生力☆
親の保護域を離れての、うまれて初めての集団生活は保育園でした。

色眼鏡(サングラス)等に活路を見いだせない時代です。
光を全て受け入れてしまう視界ゼロ状態では、外での活動に支障がある為、室内遊技が多かった花園保育園での一年は幸いでした。

みんなの動きについて行けず、ワンテンポ遅れる園児(思い出すにレレレのおじさんぽい感じ♪)の真横にポジションし、彼の動きを真似て、更に少し遅れてみんなの後を追うワタシは、周りから見て相当哀れに映ってたかも知れません♪

学芸会では、衣装にならない普段着で、浦島太郎での亀をいじめる子供役を、集団に紛れて何とかこなし★
おと姫役のキラキラな衣装の女の子に、ときめきを覚えてたりもしていました♪
せめてもの自己主張は、早々に目覚めていても、寝たふりを時々意味なく押し通していた、お昼寝終わりの時間ぐらいでした。
しかし外遊びでは、少し緩めのイマジ君(以前ブログで取り上げた、ブリキの飛行機を実物大に出来るファンタジーを持った彼)と知り合い。
些細なイジワルからも、同級背高のミズトリさんに時々かばってもらうシーン等有りで。
一年は過ぎて行きました。

さて、御供所小学校に上がり、集団生活は更にのしかかって来ました。

週始めの校庭での朝礼も、自分の整列場所探し如きがかなりに重荷でした。

小運動会と呼ばれる予行演習で無様を認知され、参加不可能と担任に判断されて以来。
体育の時間(甘えを理由に、無理矢理眩しさの場所へ引きずり出され、バットを握らされた1日。以前記したので省きます)や運動会には、見学者(見えずとも♪)とされ、一度も出させてもらえる事はありませんでした。

集団の中での謂われ無きイジメや、身体上の差別にも屈せず相対する学校での日々。
見えぬ黒板に、思うに任せない授業と成績。

自分の意識とのギャップすら埋められない、学校での生活が嫌いで嫌いでたまりませんでした。

転じて、家族の囲いの中に居れる春休みや夏休みを、そしてクリスマスから始まるイベント多彩な冬休みを、心待ちにしたものでした。

終業式後の、生家のかまぼこ店での手伝いは、どんなに忙しくとも、少しも苦などでは無く、むしろ非日常的な、日付を跨ぐ程の年末は僕にとってお祭りでした。
そして、魔法にかけられたような至福の時間が訪れるのです♪
「明日は正月なんだ〜☆」と高鳴り寝付けない、大晦日の夜は幸せに包まれていました。

元旦起床後も魔法にかけられた至福の時間は続きます。
待ちに待ったお年玉☆
ウソのように静まり返った工場☆
近所の子供達のハシャぎ声☆
どこも開いていない商店街☆
クルマが通らない車道☆
笑顔が主役の生家☆

三が日は夢の国の住人でした。
そのピークを迎えるのが、恒例となっていた二日の午後から行く、両親との温泉への一泊二日の旅。

両親はひたすら年末の疲れを癒やす為に部屋でくつろぎ続け、僕は兄と一緒に、お風呂遊具を持って繰り返す大浴場通いや、チャチなゲームコーナーでの、スピード遅い模型ジープのハンドルを握るひとときが、最高の時間でした。


家に戻る三日の夕刻からは魔法の力が次第に薄れて行きます。

そして、工場が生産を再開する四日になると、魔法の時間は、素敵な寂しさを置き土産に消えて行くのです。

この子供の頃の正月の魔法は、立ち向かう活力を再生させてくれてた訳で。

これからもずっと、心の避難所として存在して行く模様でありますル♪♪


まさとし
2012_1月 : comments (1) : trackback (x)
大江戸走り♪
宵闇に隠れていますが、左の空にドデカいスカイツリーがそびえているのです♪




雷門前。

周辺未だ真っ暗な、スカイツリーを右手に仰ぎ見て、浅草へ向かいました。

雷門前は、足を止めてしばし味わいたいほど、正月気分真っ只中の、流石な賑わいでした。




どぜう♪食べたい!

テレビでも何度か拝見した、浅草の有名な どぜう店の、微かな香りを空きっ腹に頂き!走り♪




ああ上野駅♪

失敗過多の若き日、この駅の大きな屋根下で、情けなくもチト楽しい出来事が勃発した二十代の思い出。

地下鉄からの階段を必死に駆け上がり走れども、虚しくタッチの差で扉が閉まり乗り逃した北陸行き特急電車★

当時は1日に三便?ほどしか通っておらず、次の電車に乗ったとしても、到着は本番のステージに間に合わない時間と分かり、失意のどん底に落ちてしまったワタシ!

打つ手無く、怒鳴られるであろうマネージャーへの連絡方法もさて置いて。
だけど時間持て余し、駅の地下街を、コレから待ち構えているであろう今日1日を思い悩み、うなだれて歩いていました。

すると対面から、やはり明らかに落胆を纏った感じの、背の高い人影が此方に向かって歩いて来ました。

何とそれは、同じ様に電車に乗り遅れた、財津和夫の姿♪

互いの肩を揺すり、行かない戦地で出会った戦友の如く、必然二人は意気投合!

メンバー二人も此方に居れば!なる、訳の分からない強気を手に入れ、地下街の店に入り禁断の昼ビールで祝杯を上げた、お馬鹿な記憶が蘇ったあたりでの、記念の一枚♪


まさとし
2012_1月 : comments (3) : trackback (x)
OFF♪
40%超えの紅白の視聴率上げにも加われず、その時間帯後半になろうとも、始めたが為の止まらぬ掃除人でした♪

運蕎麦(故郷言葉?)を弾みに、行く年来る年あたりから次第にフェードインを果たし♪
明けて間もない一社詣り(故郷には三社詣りの風習あり)を境に、気分はしっかりOFF状態へと移って行きました☆

はばかる事の無い朝寝にくるまれ、結構風情醸し出す正月ラジオを傍らに、長い昼湯に浸り、陽も高いうちからのお神酒にほろ酔い♪
駅伝に年賀状にお笑いにウィーンフィル、そしていつの間にかな夕寝と華やぐ中♪
叩き初め、走り初めも立派に挟めて☆

これぞワタシなりの、緩〜い正月な時の推移に、心身を委ねておりますル♪


まさとし
2012_1月 : comments (0) : trackback (x)
☆迎春♪
平和で、頑張り甲斐が表れてくれる年になりますように。

みなさ〜ん!
今年も有形無形どのような形でも構いません♪
お付き合い下さい。


まさとし
2012_1月 : comments (6) : trackback (x)
Oct.2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31