Martintonの日々

三人兄弟のお兄ちゃん
電車を待っていたら、ホームのエレベーターのドアが開き家族連れが出て来ました。

まだ電車が来る時刻ではなかったのですが、親の見ぬ間に、下は二つ三つの男の子と、もうひとりは四つ五つの男の子が線路側に興味を示し近づこうとしました。
するといち早くそれを察知した、六つ七つのお兄ちゃんが両手を広げて弟達の前に立ち、彼らを制してホーム中ほどまで優しく誘導していました。
素晴らしき子育て☆


有り難さ知らずに僕も兄から、幾度か庇ってもらった記憶があります!

礼など言っておりません。

お兄ちゃんは何かと大変です!




二重奏♪

26日鹿児島Live HEAVENと、翌日の博多“風音”西南学院大学チャペルのリハーサルに集中の1日。

二子玉川での四重奏の後です。
各曲を改めてリセットしての二重奏に、ある意味燃えた訳です☆


まさとし
2011_11月 : comments (2) : trackback (x)
このあたりに痛みが!
順番に、ひとつひとつをこなしているつもりでも、気付けば何やら慌ただしい1日が過ぎようとしています。
ライヴの前はいつもこうなるみたいです。

今夜の手解き時間に、ちょっとした油断から手首を少し痛めました。
「こんな感じだよ♪」と、加齢を忘れウォーミングアップストレッチ無しにスティックを振った途端やられました。
夕方まで触れていたので、大丈夫と決めてかかっての事ですが、既に手首は素に戻っていた訳です。
新たな教訓が日々生まれて来ます♪

そう言えば、三冊目に入っていた読本世界探訪の旅が、今途切れています。
続きを読む時間が、手に入らなくなって来ているのです。
就寝直前までの時間も、音作業に明け渡している日々。
まだストーリーの吸引口からの距離が計れず、彷徨っていた段階だったので危うし?!
このままでは単なるミニブームに終わってしまいそうで、それも困るとです。

しかし肩・背中・首の奥まで侵略していたはずの濃い読書凝りは、いつの間にか姿を消していました☆
まだ幾らかの反発回復力もアリなワタシ!


まさとし
2011_11月 : comments (2) : trackback (x)
ツアー最終の鹿児島迫る!
今年の『knock on the suite』ツアーの最終日、鹿児島Live HEAVENの日がいよいよ迫って来てまいりました!

2007年にもチューリップのツアーで行ったはずなのに、鹿児島の印象が、そのひとつ前の2005年のツアーの事しか思い出せません。
確か、コンサート前夜、漆黒の城山から駆け下り、イルミネーション鮮やかな海辺や、街中を走り巡り、途中の天文館辺りの交差点で、食後のドーナツをぶら下げたHに出くわした思い出♪

その何故?を振り返ってみる事に。
そう、前回の鹿児島での僕の滞在時間が確かわずかの21時間。
前後に二日間の博多のイベントに挟まれ、深夜の鹿児島到着後、泊まったはずのホテルの記憶さえ、定かではなくなってます。
せっかくの鹿児島を、なんて勿体無い★

今回も、次の日に博多でのイベント“風音”が入ってはいますが。
2007年のように公演後に、後ろ髪でのリレー新幹線(既に懐かしい)にひとり揺られる事も無く♪
ゆるり薩摩な夜を過ごせそうな気配です♪
ケンミンショーで仕入れた、ご当地B級グルメもご対面したいし、出来れば勿論駆けてみるつもりでいます。


鹿児島のみなさ〜ん!

と言うか、九州新幹線開通のおかげで博多からも最速1時間19分です。

な訳を踏まえて、新幹線沿線のみなさ〜ん!

鹿児島天文館のLive HEAVENでお会いしましょう♪


2011_11月 : comments (4) : trackback (x)
ドキドキ初オペラ♪
体調好調とは言えませんが、やはり引力に従い体感する事にしました。




バンザイホークス日本一☆

新百合ヶ丘の駅を降りると、何となくの人の流れが出来ていて、もしや?と思い後をくっついて行くとホールまでは地図要らずでした。
僕にとって、館内での座席探しは大仕事、大き目のはずの案内板も模様にしか映らず、座席背もたれの狭い所に書いてある番号など、到底判別出来ない訳で、早目についてもスンナリ着席した試しがありません。
幸いにして本日は招待者受付で名前を言うと、席まで案内してくれるスタッフを関係者側のご好意で用意して頂いていて、ひとりぼっち?のひと苦労を省いてもらい、初オペラに集中できる気分が整い出して来ました。

幕前のオーケストラピットから、全てが生の楽器のさざ波が耳に届いた時、「あ いいな〜」と、思わず溜め息がこぼれました。

そして興奮の開幕♪
多彩?なるヴォーカリストの圧巻の発声に聞きほれての第一幕。
歌とは、本来こうあるべきなのかもなぁーと、増幅しない生声で、ホールを説得する素晴らしい力に脱帽☆

テレビの歌番組や、大きなライヴホールでのコンサートでさえも、今時演奏の大半がカラオケ状態の場合が多く、歌も生ではない事も何故か普通で、まるでライヴもどきに作られてるステージが多くなっています。
そしてそれが当たり前顔をして、まかり通っている不思議な御時世。

今更に、クラシックの持つ、大切な人為的贅沢が作り出す醍醐味に、感じ入(初心者でスミマセン)ってしまいました。

昨夜からの予習の効果は抜群で♪
知っていた曲は、CMで流され馴染んでた部分だけだったのに、全体の4分の1??は馴染み曲?っぽく聞こえていました。
っけ〜?

事前に目を通したストーリーも、実際のステージとはリンクする事などは、かなり難しいはず、おそらく自分なりに漠然と物語を繋げて行くものと思っていました。

がしかし時代は、還暦越え君の拙き想像など置いて行きぼりでした。
ステージの左右に、歌われる毎に字幕が現れるシステムになっていて、至れりでした☆
ひょっとしたら、この頃のスタンタードなのやも知れません。

舞台までは決して遠くはない良い席ですが、やはり常に単眼境が必要なワタシ。
字幕とステージとをどうしても交互に追う事が多く★
左右に揺れる僕の後頭部が、後ろの席の人にはかなり、うざったく映ったやも知れません。御免なさい♪


しかし改めて、驚きの声量の歌世界☆

勿論、叱られ怒られる覚悟ですが。
どんな形でも真似事企画でも何でもいいから、あんなステージに一度立ってみたい!なんて衝動が走ったのも事実♪

本日僕を招待して頂いた関係者の方々に、大変感謝致します☆ありがとうございました。



突然ですが♪
☆ホークス万歳☆☆☆
落合中日強かった☆
♪孫さんがカワユい♪オーナーなのに♪


まさとし
2011_11月 : comments (2) : trackback (x)
ちと忙しい♪
本日の芯は、
素直に元に戻ってくれない体調を、正規の場所へ誘導してもらう為に、鍼灸院へすがる気持ちで行きました。
ソロでは生まれて初めての11月26日の鹿児島ライブヘブンは、今回ツアーの最後の日で、初お合わせの空間が直ぐに迫っています♪ウカウカしてられないのです☆

とは言え今日は休日を身体に与える日☆
練習も程々に済ませ、夜のテレビの前にどっかと腰を下ろしました。

オーディオからモーツァルトの魔笛を何故か流しながら♪
白熱緊迫の日本シリーズ(王手をかけた地元ホークス応援♪)観戦と☆
見る度に涙腺解放必至の志村どうぶつ園を☆スイッチングしながら、半端な気分にならないよう、うまくズレてくれるCMをも使って興奮持続、お風呂に入るに入れずの二元中継?状態を欲張り楽しみました。
そう、明日は‘オペラ’人生初体験の日、予習も出来た?様だし、かなり楽しみです☆

がしかし、未だ胸の奧に住み着く、深い咳の追い出しが上手く行っておらず。
クラシック会場での‘咳’は周りの空気を壊す恐れがあるので、もしも朝の具合が芳しくない時は、残念でも御辞退を申し出る覚悟でも、います。


まさとし
2011_11月 : comments (2) : trackback (x)
ヒゲ剃り行為から。
今朝珍しく低空を飛ぶ空中運搬車の音に、懐かしく驚き、ついヒゲ剃りを出して??頬・鼻下・顎・耳下を刈ってみました。

今日出掛ける予定は今のところないのに?
爆音に隠れ誘われて剃りたい衝動に任せてみました。
ヒゲ剃り(電動に偏ります)と云う行為は、やはり人前では少し恥ずかしさを伴うものらしいと言う感覚に改めて気付きました。
おそらく理由は、赤の他人に対しては騒音でしかなかろうかと、勿論人前で顔を整える行為への恥じらいも、あるでしょう。
この際、公共交通機関内で堂々と化粧をされる女性の是非には触れない事にします。

タクシーは別として、電車・地下鉄・バス・飛行機の客室内で平気で剃っている人を、見かけた事はない?っと思います。

混合臭を撒き散らし、食べたり飲んだり出来る人達はいますし、僕も急いでいる時カロリーメイトをうつむき加減で口に運んだ記憶もあります。

やはり他人が作り出す音が、人に与える影響は大きいし、それは無意味な摩擦を生むことを意味しています。
その逆利用が、どこか単車で走る楽しみを離れ、集団で群れ走る人達の存在理由に関わるのやも、知れません。

失礼!話が反れました。

では何故、低空飛行の爆音が懐かしいかの話をしてみます。

故郷の福博(福岡・博多)の街は全国的にみても、驚く程空港に近いのです。
音に気付き見上げると、拙い私の眼力でも、その姿がプラモデルのように確認出来るほどに低空を滑る機体が見えます。
故に、頭の真上を常に爆音が飛び回っていた環境に慣れ育った訳です。

今は米軍基地がなくなり、頭上を舞う影は昔の数程ではないですが、繁華街の真上を飛ぶ、ある種不思議な光景は健在です。
住人はうるささを少し我慢しなければならないですが。
空港着陸後バゲージを預けてなければ、20分足らずで繁華街で一杯目の乾杯にありつけると云う魅力を備えた、旅人(私も入ってます)には驚嘆?の街なのです。

例えば、東京に到着して自宅にたどり着くのに有に1時間半を僕の場合要する事を考えると。勿論その人それぞれの帰宅にかかる時間にもよります。

が、天国を感じると大袈裟に叫ぶ人もいます。し、僕も未だそのひとりです。
ヒゲ剃りから思わず連想した事を、朝飯の前なのに書いてしまいました♪

そう、今日僕は休日!

雨だけど♪


まさとし
2011_11月 : comments (3) : trackback (x)
スタジオ漬け♪
精も魂も残ってますが、兎に角疲れ果てはしました。
長い時間集中を保たなければならなく、大変さはありましたが。
結果、満足に届く豊富な作業内容だったので大丈夫☆
こんな日の為にも麦の幸はあるのですね〜!

さーて明日の体調は如何に♪


まさとし
2011_11月 : comments (0) : trackback (x)
ポン友登場♪
いつ頃彼と知り合いになったのかは、母親に尋ねないと定かではありませんが、小学校に上がる頃には僕のところに来てたように思います。
最初のうちは、彼のしたたかさに舌を巻きました。
しかし母の応援もあり、負けぬよう徹底して戦いました。
その甲斐があって、あまり寄り付かなくなり、一年を通じ秋口に訪れるだけになりました。

柔道に興味を持ち出した若かりし頃には、僕の勢いに押され、ある時期からしばらく疎遠となっていましたが、気が付いたらいつの間にかまた古巣に住み着いていたのです。

今更彼を毛嫌いする事も無く、苦手意識もありませんし。
むしろ精一杯の注意を払って共存する事を考えている訳です

彼は濁った空気を好み、特にタバコは好み★快活さは昔の勢いをつい思い出してしまってます★。
このところの1日二カ所のスタジオにも、付き添い始めていて、チトウザイ感じですが、負けないようにしています。

近頃の彼も、寄る年波で以前の勢いを期待できない事が、今は幸いしています。
明日彼を連れ伺うであろうスタジオも、彼には充分喜んでもらうところで、今から苦慮しています★
風邪をこじらせて、彼を呼出したスタジオです。
医者から頂いた薬の内、咳止めだと過剰に反応し過ぎて仕事にならないので、その他の薬で乗り切る覚悟ですが。
さあて!明日がかなりに心配です♪

そう言えば今日歌劇を観に行くつもりで、朝から何度も予習してたのは ☆僕☆ です。
完全休養日のはずの午前を、予習に使い果たしたあたりで、気付きました。今日のスケジュールではなかった事を♪
何だか急に休講になったのに似ていて、開放感溢れる午後を、偶然?手に入れてしまった感じです。

 おっと紹介し忘れていました♪ 彼の世間名は 喘息君です。


まさとし
2011_11月 : comments (1) : trackback (x)
天気晴朗なれど、いと寒し♪
何だか久々に感じる?小泉スタジオ♪
彼と会うのも、二子玉“KIWA”の後の、あの深夜の盛り上がり以来!

と言っても実は、それ程日数が経っている訳ではなく。
まことに勝手な、此方の日替わり環境に由来しているだけなのです。

'WH2&M'の織りなす景色に浸り、大阪レボキューの再再挑戦2デイズでの発奮組長となり、馴染みな銀座スウィングで初木曜日冒険団団長を務め、レコーディングでは言葉の門番と、お目付役を仰せつかり、にこやか指南役で大切な彼らの大切時間の無駄を省く役等々。

容量小振りのオツム内のチャンネルを、日々カチャカチャ切り替えてた故。長い時を過ごして来たとの錯覚から、たかだかチャンネルを一回りさせて戻って来ただけなのに、里帰りをイメージする懐かしさを覚えてしまったのでしょう♪

で、いよいよ追い込み時期の旗印の元。
小泉のアイデア欲しさにスタジオに押し入ったワタシ♪
とある愛すべき人の感動な頑張り話し駄べりの後、即スタート。

幾つかの曲を摘み、彼の意見を形にしては差し戻す小作業の連続。
不意に今日を捕ったので、彼が予定スケジュールを乱したやもしれない思いは、語らず仕舞って、作業終わればさっさと、お暇最優先にした次第。

楽しかったけど♪
ワタシの声 未だにひどかったけど♪




夕寒空走り

体調を整えるのには、走りが一番。




着膨れ君☆

深夜のスタジオ帰りは寒かとです。
ヒートテックにセーターその上にマイクロダウンの上に革ジャン☆

どうだまいったか〜?!


まさとし
2011_11月 : comments (1) : trackback (x)
ミラクル☆
あれからこんなにも時を隔てたにも関わらず、な!なんと!
白塗り小僧さんと、お供のイヤホンくんが、ご帰還されました☆

常に非は我が身にありを、改めて痛感致しました。




叩き歌わない仕事。

きちきちの午前中を取りまとめ(白塗り野郎、既に大活躍)。
10時半解禁(御近所との共存の為)のスティック時間で基礎を終え、割り込み仕事が入った分を埋める為、時間短縮の為。
見えず苦手なタクシー(軽トラックにだって手を挙げるワタシ)拾いをする事に。
だが、この頃活用の幅が広がりつつある、単眼鏡(双眼鏡の半人前?)のおかげで、何とか捕まえられ、午後のスタジオに急ぎました。

東中野のスタジオ内はいつもの如く煙りが充満していて、私独りマスクと精神力での鎧で固めての仕事開始★

頭以外は動かない偏りがちな集中仕事に、病み上がり喘息持ちとしては、決死防衛の覚悟での仕事ともなりました。

レコーディングを終え、夕刻新宿で乗り換えの折、何故だか'ガーシュウィン'のラプソディ・イン・ブルーが雑踏の間から聞こえて来た気がしました♪
おそらく気のせいでしょうが。

そしてその後の、手解きスタジオへの移動中。名物のモウレツラッシュアワーにも遭遇★

只今の、我が体調の何たるかを知るに至りました。

そして本日最後に控えし、短めの夜のスタジオも終わり。
好意の車に揺られ安穏と麦幸と今ひとつ精彩を欠いた1日を抱き、帰路についた次第。

エイッ!明日は巻き返し日とする覚悟どす♪


まさとし
2011_11月 : comments (2) : trackback (x)
Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30