Martintonの日々

ドッグフードじゃ〜ありません♪
近頃苦手だった納豆との縁を少し築けたのも、元来豆好きだったが為。
そんな豆や無性に好きな寒天が主役のみつ豆は大の好物!子供の頃は特に。

さて!郷里博多にある西門蒲鉾(生家)を兄が今の姿に建て替える前。
旧店舗での店内改装をリーチ君(父)が施したのは、おそらく僕が小学校の3・4年のあたりだったと思います。
既に責任取れないレベルのウロ覚えではありますが、その又昔の店の佇まいは、風雨にさらされ風格が備わった木製の表札な感じ♪
抑え目な白熱球で少し薄暗い店内、黒光りする玉砂利を固めたような床や、店から工場に通じる開閉毎に「キィイッイ〜」と鳴く大人が半身でないと通れない木戸や、歴史染んだ木製の陳列棚等々☆
子供なりに思い出多き造りだったので、改装時には、消えた寂しいさと新鮮さが混在していたように思います。

以前よりぐっと明るくなった店内、当時としては天井の間接照明等は最先端。
入店するお客さんの殆どが、一応に淡い配色の店内のまず天井に目をやり、見慣れぬ、光源が隠れた蛍光灯の照明に感心してくれていました。
そしてその光に映し出される天井近くの壁、その四方を埋める誇らしげな数枚の賞状は、リーチ君が頂いた全国蒲鉾組合の品評会関連のモノでした。
「いっぱい賞状ば取っとんしゃーちゃーね!」と言って頂いた、お客さん達の優しい声の束を記憶しています。

店に入ると正面に春冠〔お祝い事に贈られる、鶴亀松竹梅や鯛の形をした蒲鉾を木箱に詰め合わせたモノ〕や特板〔手打ちの蒲鉾〕の見本のショウケースがあり、その左手に少しせり出した店頭には、足の速い商品の安全保管の為、凍った数本の金属のパイプが中段と下段に通った冷蔵のケースがありました。

そしてリーチ君流のお客さんへのもてなし?だっのでしょうか、通路を挟んで左には四方を小さな岩で囲った長方形の生け簀があり、色んな種類のコイ達が鮮やかでした。

そこに樟脳で動くブリキの船や、小さく浮き沈みするプラモデルの潜水艦を浮かべて遊んだ、楽しい思い出があります。
そう言えばイタズラ好きの兄(啓蔵)が夏場、「底の方に何かがおるごた〜!見てんやい!」と僕を覗かせておいて、後ろから背中を押し、踏ん張りが利かず行水させられた事もありました。
予想に反して、生け簀の中でバタつく僕に少し慌てた兄が蘇ります☆

その生け簀を四本の鉄脚がまたぎ、その上のガラスのケースには、ウィンナーソーセージや燻製が陳列されていました。
そして位置的には店の右隅上。
お客さんからは少し死角にあたる棚には、フルーツモノを手前に多種の缶詰が積み上げられていて、子供の私にはワクワクする空間が広がっていました。
背伸びすれば手が届くところに、興味津々のフルーツみつ豆缶・みかんの缶詰め・桃の缶詰め・パイナップルの缶詰めや、その奥には魚貝類の缶等が小高い缶のビル街を作っていました。

リーチ君から一度食べさせてもらった美味し〜いフルーツみつ豆への思いから、それらを見上げる度に誘惑される日々が続き、遂にある日!
いけない事とは自分に言い聞かせながらも★親に無断で売り物の缶詰めを食べてしまったのです。
最初はフルーツみつ豆缶をコッソリ開き!
何故だか発覚しても叱られない?事をいい事に、次には、みかん缶・桃缶・パイナップル缶を大胆に棚から下ろし、罪悪感諸とも口に入れて味わったのをよ〜〜く覚えています★
魚貝類関係の缶は棚の奥なので手つかず。
必然!いつの間にかフルーツ缶のビル街のみが平屋の町となってしまいました。

私の得手勝手な推測ですが、元々コンビニ思考などない時代。蒲鉾店で缶詰めやソーセージを買いもとめる客はあまりなく、売れ残る気配濃厚な中、普段食が細い我が子故、あえて釘を刺さずいた♪と勝手に踏んでいるのです。
その内期限切れのソーセージや缶詰めを店中で消費したような気もします。
勿論!自分の事を棚に上げたい訳です♪

タイムマシンなみつ豆缶を見つけ♪そんな事を回想しながら、今回の入院時に馴染んだ、おやつな感じで買い物カゴに入れてみました☆


まさとし
2009_8月 : comments (2) : trackback (x)
―復帰第二日―
リハーサル♪キャバンクラブ

ドラムを演奏するのは名古屋1日だけ!との約束を先生と交わした故、翌日9日のキャバンクラブは[シロクマカンパニー]のヒロ渡辺君(彼はCASHとしてREVOLUTION-9の太田・杉原等とデビューしたコーラス創りの達人です。)にドラムを頼み、僕はフロントでの歌とパーカッションでこの日を終始する事に。
何だか、いやに愉快なるリハーサル、最中手持ち無沙汰な曲は杉原英樹の進言を受けて、ギターをぶら下げてもみました。




中野サンプラザ以来、エレキ☆を持っての人前は三十うん年ぶり♪




思いっきり全開

本日4回ステージ全てをフロントでの参加。
半端は捨てて全開で楽しむ♪を心に、ステージ開幕♪
前日の名古屋で喉を労る配慮に欠けた、かすれたる表・裏声を恥★
全ての楽曲の歌やコーラスを、未だに日頃蔑ろになりがちな基本に立ち戻り、腹筋を使っての初心♪「腹から声を出す」を徹底!
その甲斐あって、よそ見しない内なる楽しさ重なるステージ出現☆
斯くして復帰第2日目も充実なる1日となった次第。
何と幸せな事♪


まさとし
2009_8月 : comments (3) : trackback (x)
―復帰の日―
名古屋15日ぶりのパンな朝

スープに葡萄パンに珈琲2杯にサプリメ少々。
カロリーも分量も充分。しかし物足りなさと口に残る甘さが気になる食の後。




対応!

「必ず辿り着く」と心に定め。半月前!
退院日からスティックに静かに触れスタートラインに立ちました。
入口淡〜く、先の長〜いクレッシェンドな日々に、自力演奏圧を少しずつ上げて来た私!そしてどうにか8月8日に帳尻合わせが出来た次第。
到着した現場の超刺激的環境にこの身体が対応する様を、面白おかしく見ている、不必要な余裕に相対した二時間♪
意外に快調なるブロック重ねなリハーサル☆




間もなく開場♪

リハで端折る事は殆ど無く、今夜メニューを全編全曲通してしまいました。

それ相当の安心と自信と疲労を手にして楽屋へ。




高鳴りの前半はピンクのシャツに包まれて




夢に見た名古屋の時空間☆

本当に驚くほど多くの方々からの暖かい励ましに力を頂いて、遂に《得三》での【ノスタルジア】開花☆

まるでツアー初日のような緊張感を、観に来てくれた皆さんに解いて頂きながら、何とかやり遂げる事が出来ました。
名古屋に来れた喜びを噛み締めながら☆
ありがとう!




終演後 楽屋での極上なる一口

たった三センチの喉越しで、極楽時間到来☆☆




打ち上げはハワイな空間の小藤さん宅にて

大切なお友達☆東海ラジオの小藤さんが、復活祝いも兼ねて素敵なハワイアンなパーティーを催してくれました。
終始超ご機嫌な私♪
勿論沢山の[麦の恵]にも囲まれて☆


まさとし
2009_8月 : comments (5) : trackback (x)
名古屋〜夏!真っ盛り♪
一年ぶり♪今年の手平線

毎年海のシーズンにビーチボーイズを聴き流す為だけに、彼は存在しています♪
未だ健在でした☆!
当初の予定では、本日まで恒例!の西伊豆にいるはずでした。




爽快お届け飲料☆

自宅でのリハビリ・リハーサル後、彼らにどれ程助けられた事か!計り知れます♪
共通項は全く異質な泡だけなのに!しかもすぐに消えるのに!




あと1分少々で出来上がり!

スイッチが仕事モードだと、何だか空腹が訪れません。
仕方なしに甘めのモノを取った反動を利用しての、お昼カップ麺です。

後ろのエリック・ステュワート。春先の花見な勢いで、ふんだんに麦の雫を頂いた帰り道。
フラリ入った本屋の片隅にあったワゴンセール?で見つけた《10cc》ライヴインジャパンのDVDです☆

改めて、勇気をもらった夜を思い出します。




やっと漕ぎ着けたる新幹線乗車☆

冷房に滅法意気地のない私!
長袖は欠かせません!
新横浜通過!




真夏の名古屋入り 17時57分

訪れぬ事には文句も言えぬ寂しさ故♪おそらく梅雨明けが遅かった分、うだる暑さにも好意的?な、今が好期の名古屋入り!♪


まさとし
2009_8月 : comments (7) : trackback (x)
控え目解禁!
術後二週間☆
許される日が到来しても、[麦の幸せ]への道はせめて、名古屋の後!と定め。控え目なる解禁を選択♪


まさとし
2009_8月 : comments (1) : trackback (x)
―明明後日!―
マスクを外し眼帯をとって、麦とろ納豆な朝

ある曲の歌詞を思案歩き旅の途中、偶然見つけた!
伊勢原市大山☆☆
調べてバスに乗れば、乗客殆どの、装備の不思議に揺られ?
成り行きで子供心にケーブルカーに乗り、奉納されたる《さざれ石》に驚き、知らぬ事と云いながら余りに軽装なる我が姿の場違い故に、山歩きを諦めた★ 懐かしの[大山]☆

見つけてしまいました♪[麦とろ納豆]伊勢原市大山産☆




緊張を和らげ、ダルさ引き締めるカフェインの力!

万全ではないまでも、少しずつ使いモノになり始めた左目☆
その復調に合わせるかのように名古屋が間近に迫り、俄かに気ぜわしさが増した本日♪
ひと息つく度に味わうカフェインの力に、呼応出来る心身も復調の兆し♪


まさとし
2009_8月 : comments (2) : trackback (x)
―さあて!―
ひととき左手箸朝食♪のち右手♪

純然たる右利きの私♪
楽器をいじる者として、両の手が同じように動かし使えたら!は憧れです!(そんな奏者も沢山存在されていますが!)
若き日の挑戦として左手に箸を持ち、バターピーナッツを左右の器に移し替えの特訓を思い出します。
その内一応、左手箸だけで食事も出来るようになりましたっけ〜♪
がしかし、はかなくも★右箸での旨味は、つかめなかった故、訓練を中途にした悔いが蘇る♪朝となりました。




輝きの一杯

まるで最終面接に赴くような、試験の結果を聞きに行くような緊張の1日でした。
控え目にやっているつもりでも、いつの間にか熱が入ってしまっていた自主トレな時間の数々!
身体に、左目にイケない日々を送っていないかと、心配でした。

先日退院後二度目の診察で仮OKは頂いていましたが、日々症状の変化に戸惑いの一喜一憂!

しかし術後の経過も素人の想像よりも良く☆
本日晴れて、新幹線の乗車許可?と名古屋[得三]での復帰?ライヴへのお墨付きを、頂く事が出来ました。
何だか嬉しい限り♪

帰り道マックで120円の祝杯を上げてみました。
[麦の恵]の解禁も間近となり候♪


まさとし
2009_8月 : comments (6) : trackback (x)
あれこれ止めての二週間♪
めかぶオクラ混ぜ納豆朝食♪

しそ昆布の佃煮も乗せて頂きました。
何だかいい感じ♪
まあ〜好物でくるんだ訳ですが。




変わらない?

この二週間、あんなに毎日飲んでいた〈幸せの雫〉を一滴も飲んでいないのに!
楽器を軽く鳴らす以外運動らしい運動は止めているのに!
朝昼晩ちゃんと食べているのに!
体重は減りもせず増えもせず?


まさとし
2009_8月 : comments (2) : trackback (x)
少し遠出
倍音豊かな低い太鼓の音に、招き寄せられるままに道を運ぶと、大太鼓を引いてまわる夏祭りに出会いました。
歩いてほんの少し遠くまで、足を伸ばしての幸運です。
術後散歩らしい散歩は今日が初めて。
ほんの二週間前まで山笠に出ていた自分との、格差を楽しみながら、しばらく祭りの後を追ってみました。


まさとし
2009_8月 : comments (1) : trackback (x)
ゴーグル洗髪最終日☆
本日お試し!納豆朝食

‥……! ………‥?




いつまで続く横向き寝♪

変幻自在のビーズの枕を頭に当て、ベッドの左側背中部分に硬い枕を支えに、幅広枕で壁を作って寝ています。
仰向けになり難い環境整備な訳です。
そして、僕の顔が固定されている右側には、消灯の前後の違和感緩和にと入院直前に購入した、テレビ各局を音声で楽しめる携帯ラジオを置いています。

そんな努力が実って、昨夜やっと何とか深い眠りが訪れるようになりました。これで長ったらしい夢♪を見なくて済むかも?知れません。

おそらく入院時消灯後、一定時間毎?に見回ってくれた看護師さんの、優しく気遣うハスキーな小声での、[寝姿勢ダメ出し]が耳に残っていて、力を貸してくれているからこその成果だったりもするのです。
―感謝―☆


まさとし
2009_8月 : comments (0) : trackback (x)
Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30