Martintonの日々

松田千枝さん60才 東京国際女子マラソンの勇姿に感動☆
何年走っても未だに駆け出す前の準備体操は億劫なものです。が、面倒が勝り大きな後悔を残す訳には行きません。特にこれから寒さに向かうこの時期油断は禁物、充分なストレッチが身体を守ってくれ怪我を未然に防いでくれるのです!と己に言い聞かせる毎日です!
そんな事は重々承知のはずの失敗談をおひとつどうぞ…♪

あれはウン年前、季節は残り梅雨と夏がクロスフェイドする頃、博多祇園山笠のフィナーレとなる7月15日の早朝[追い山]が佳境に差し掛かったあたりで起きました。
縦横無尽走りで山笠に付いては仲間との交代を幾度か繰り返し、祭りに全神経を集中している時、私の右足に砲丸投げの鉄の玉のようなものが当たったような衝撃を感じ、ふくらはぎに激痛が走りました。構わず走り続けようとしましたが、気持ちだけでは右足は動かせなくなりました。肉離れでした★

哀れ痛手の祭好きを置き去りに、走り去る山笠の姿は遠く小さくなって行き、その年の私の祭りは突然幕引きとなりました。
しかし、その日は追い山終了後に生放送のテレビが控えていました。

姫野達也君が朝のキャスターをやっていた番組に、祭りを終えた達成感を土産に、勇ましさ纏い付けた水法被姿での出演の約束が残っていたのです★
生家の前にはテレビ局からの迎えの車が私の帰りを待っているはずです。山笠と泣き別れた所から生家まで1キロ以上の道のりを、片足だけで激痛を、右足を引きずりながら番組に間に合うように必死に歩きました。

夏のテレビ局の心地よいはずのクーラーも傷付いた心と身体には辛い環境でした。途中番組スタッフに気を遣って頂きクーラーのオンオフを繰り返してもらえました、放送機器の都合上ずっと切ったままには出来なかったのです。(暑がりの姫野君にも我慢を強いた訳です)
傷口が身体を襲う寒さと、[勢い水]で思いっきり濡らされた水法被からの冷えが益々拍車をかけ、私ひとり冬山遭難人状態でした。ほぼ1時間の番組出演中カメラを向けられている時だけ、にこやか元気な祭り人を演じ、『CM入りまーす』の声に気がゆるむと、物陰では震えに震えていました。誠に失礼ながら、番組終わりへのカウントダウンを思わず始めてしまった私。
頑張っている友人の番組、出演するのを楽しみにしていただけに、心苦しく、失態を悔いておりました。

元はと云えば自業自得、私がストレッチを軽んじたが為に起こった事なのです。
早朝出陣前、山笠に出る若手に対してストレッチの重要性を説き、偉そ〜に指導をしていた私。間抜けなものです。若手のチェックに気を取られ、いつもの自分のアップをおろそかにしてしまった結果なのです。

病院からぐるぐる包帯巻き松葉杖姿で我が町に戻った所を、ちょうど運良く?後かたづけを終えた山の仲間に見つかりました。
若手も含めた全員からここぞとばかりの笑いの嵐を送られた次第。印象鮮やかな、とても有意義な戒めを頂きました☆★

それ以来ストレッチは身体を動かす時の盾と肝に命じて、実行しています。面倒ですが★!


まさとし
2008_11月 : comments (1) : trackback (x)
照明マジック
迷子走りの途中偶然見つけた、敷居が高い感じが魅力的に映った新型スーパー♪
シャワーの後、自転車に乗ってあえて財布をもたずに観光して来ました♪
手の届かない(財布無し故)見慣れない高級品揃いに楽しさ倍増♪案の定、アレが欲しい!コレを試したい!の続出。ウインドーショッピングの醍醐味に浸れた一時でした♪
特に見事だったのは、マジカルなライティングに浮かび上がった和酒洋酒の数々。こよなく素敵に美味そうで心を奪われてしまいました。
アルコールは麦の雫のみ!との私の定めが、大いに揺らいだ次第☆

我らが仕事も照明マジックあればこそ!をひょんなところで痛感☆


まさとし
2008_11月 : comments (0) : trackback (x)
新曲収録♪
12月の14日 目黒のブルースアレイでお披露目する新しい曲が出来上がりました!
クリスマスな夜に花を添える歌詞です。
今はこのディスク一枚にだけ閉じこもっています☆


まさとし
2008_11月 : comments (3) : trackback (x)
憧れの八頭身
新たなる曲のある箇所のメロディーに、幾つかの歌詞を流し込みながら公園を歩いていたら、何だか楽しそうな陽気モードのハンチング帽五頭身おじさんとすれ違いました!こちらも終戦後生まれの六頭身領域、親しみ発するキャラクターに心和みました。
その後の詰めも首尾良く♪歌詞は完成☆
明日のレコーディングを待つばかりとなりました♪


まさとし
2008_11月 : comments (0) : trackback (x)
宣伝会議紛糾
イメージしにくい商品に宣伝会議は紛糾を極めていました。

結局曲らしい曲は使わず2コードで商品名をメロディーに乗せて、繰り返し連呼すると言う形で落ち着きました。コーラス隊の中からビジュアル系男女が途中からフェイクを始め、盛り上がったところでドラムベースがなくなりコーラスとオルガンでゴスペルな感じのうちにカット。並みな形ですが相容れない主張の数々を解決に導くには、古典的方法が一番の解決策に思われました。

そして瞬く間に本番日です。何故か今時、映像も音も一緒の一発録りなのです。だけどぜ〜んぜん緊張感の無い私、コーラスにも加わりドラムを白熱させて行きます。そしてフェイクタイムへ突入!やけに思いっ切りの悪いコーラス隊の半端なフェイクに、何とかテンションを上げるべく私も無断でフェイク部隊に参加してみました。

普段より妙に良好な高音域の喉具合に調子づき、全員を引っ張る形で盛り上げて行きました。いい感じであと一息でカットの声がかかる手前で、コーラス隊全員が私の方を振り返りながら何故かの失速?既にドラムとベースが他人事のように消え、尻すぼみのコーラスとオルガンの中、私の声だけが響き渡っていました。

顔半分をいぶかしげにこちらに向けたキーボーディストまでもが弾く指を止めてしまい、一人取り残された私は仕方なく照れながら「ど〜もお呼びでないみたいですねぇー私!」と頭をかき植木雅利しているところで、聞き慣れたキャスターの声が聞こえて来ました。
早朝から付けっ放しのテレビから朝の番組終わりのアナウンスが!

そう二度寝は浅く夢への扉は容易に開閉します♪!
小松政夫さんが植木等さんの付き人だった時代の事を面白おかしく書かれた《のぼせもんやけん》を昨夜寝る前に読んだ故の[夢見みるシャボン玉ホリデー編]だった訳で☆分かり易過ぎな次第♪♪♪


まさとし
2008_11月 : comments (2) : trackback (x)
歌詞ウニャウニャ
曲後半延々とコーラスが続く、REVOLUTION-9☆初トライなる!ジョージハリスンの名曲♪
美しい響きを持ったひとつひとつの言葉も数珠繋ぎになるととても厄介な領域を作ってしまいます。結局今回は暗記を断念★昨夜のキャバンクラブ三ステージ目、ジョージ特集の締めの曲を、大胆にも恥ずかしくも、大きな文字のアンチョコを顔すぐ横のマイクスタンドに人目憚らず貼り付け、それを盗み見てその場を凌ぐと言う、ある種の私的暴挙を見逃しでしまいました。
当然次回アンチョコ使用はミニ撤退捺印な訳で、帰宅への地下鉄のお供に呪文のように歌詞を口ずさんでいた私♪


まさとし
2008_11月 : comments (1) : trackback (x)
順調順調
小泉信彦君との創作日☆
新曲の輪郭が正体を表し、矢印前向きな時間が流れます。


まさとし
2008_11月 : comments (1) : trackback (x)
バスに乗り遅れました!
バスに乗る雰囲気のおばあちゃんの急ぎ気分のゆ〜ったり歩きを追い越し、バス停へ急ぎ向かいました。過去20分以上待たされた事が幾度かあり、混みやすい道路事情から定刻より遅れがちなところなので、1分遅れでも、うまくすればとの思いでしたが、既に出発した後だったみたいです。

仕方なく小泉君のスタジオへ遅刻のメールを送った後、およそ20分の待ち時間に手を焼いていると話しかけられました。先ほどのおばあちゃんに♪
「バスおそいわね〜」
私「さっき出たところみたいです。」
「歩けばふた駅なんだけど足が悪くてねぇー!」
私「よく使われるですかこのバス」
「娘と孫の家がこのあたりなんでねぇー」
「孫は可愛いからねぇー無理しないと会えないからねぇー」
「頑張ってくるんだよねぇー」
私「足がお悪いのに大変ですね。」
………。
「バスおそいわね〜」
私「あと十分程で来ますよ!」
「歩けばふた駅なんだけど足が悪くてねえ!」

話しは二巡目へと突入し、三巡目途中で予定時刻より早めにバスが 到着。
おばあちゃん三つ目のバス停で降りて行きました。


まさとし
2008_11月 : comments (2) : trackback (x)
まるで参道の石段の数
副都心線を渋谷で降り、方向が分からず行き当たりばったりに見つけた出口、登る途中は何も無い百段!階段★
地上に出るとそこは幾度も仕事の合間の仮眠や、デートの為に通った懐かしの五島プラネタリウム跡、東急文化会館がそびえていた跡地でした。
未だ基礎工事中、青空が広がっていました。なんだか寂しい限り!


まさとし
2008_11月 : comments (3) : trackback (x)
揺るぎない笑いの王道☆
笑いの扉はステージ中央の大きなスクリーンから開き始めました!
映像はてっきり録画されたモノと思っていた超満員のお客さんを驚かせた、ムービーカメラを従えての観客席からの二人の登場☆
勘所を掴まれた私達☆後は無抵抗に笑いの王道へと導かれるままの一時をむさぼってしまいました♪

新宿シアターアプル小松政夫さん・コロッケさん《爆笑街道まっしぐら》の楽日に居合わせる幸せを味わって来ました!終演後の小松さんにも久々に(僕の百年山笠試聴会以来)再会が叶い嬉しい限りです。

今いろんな劇団を出来うる限り体感しようと決心したのは実は去年の5月31日(かのチューリップrunの発売日の翌日)小松政夫さんとイッセー尾形さんの舞台を三軒茶屋のパブリックシアターで拝見してからです。
あの観客を意のままに笑いの器の中へ誘導し操る人間力に、操られる快感に魅せられたからに他なりません。色んな劇団の役者さんとも知り合いになれ、対話が出来るようになったのも小松政夫さんと言う大先輩のおかげなのです☆
改めて幸運な出会いを感じて止みません。小松さんお疲れさまでした。


まさとし
2008_11月 : comments (0) : trackback (x)
Dec.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31