Martintonの日々

博多のお昼の私の定番
写真左上は取り放題 博多ネギです。
学生時代、器の中身全部をうどんに空けた野郎が何人かいました。ぼくもその仲間です♪真似しない事を勧めます味が台無しになります♪★
さて!うどんの上を飾るモノ、人によってはゴボウ天だったり野菜かき揚げ天だったり丸天だったりですが(丸天とはカマボコのすり身を揚げた円形の奴で薩摩揚げの方向です、これはこれで丸印し。特に◎達也絶賛☆我が生家の品を乗せたならば◎)私はなんと云っても海老天うどんにいなり寿司です。しかも海老はチープ味覚のかき揚げでないと駄目なのです。博多で取るお昼の八割方はこれにしています。うどん屋のいなりも是非とも、食してもらいたいです!普通に問題なく美味しいのです。博多はラーメンではなくうどんなのです本当に味わって欲しいのは!

で、私が博多に立ち寄った理由は海老天うどんではありません。
せっかくの長崎公演ふるさとは目と鼻の先、土居流の重鎮 大庭宗一氏に私の「百年山笠」を直に手渡したかったからなのです。彼の本業は土居町の『やす』と云う居酒屋さんの経営者なのですが、何冊もの本を書き下ろしてたりラジオ番組を持っていたりのマルチなキャラクターです。しかし、なんと言っても彼は博多を背負って立つ筋金入りの「山のぼせ」の大切なひとりなのです。そんな人に手渡し以外の方法は考えられません。7月15日にCD発売以来互いのスケジュールをやりくり出来たのがこの日だった訳です。彼も私との再会を喜んでくれましたし、私も期待以上の時間の訪れに感謝の夜でした。CD1枚を持っていっただけなのに、帰りには大庭宗一著の本を4冊も頂いてしまいました。
彼と私は実は同い年、同級生なのです。気が合います☆☆


まさとし
2007_9月 : comments (5) : trackback (x)
朝の間観光乱人愚
秋だと思って無警戒で走りだした朝の長崎、なめちゃいけません!とんでもない猛暑走りとなりました。しかも観光スポットの多くは、お墨付きの石畳の坂道のおまけ付き★
前夜のステージで気を込めて懸命に放出した汗の量をいとも簡単に越えてしまったのです!真夏ならば水分確保用小銭携帯が当たり前ですが!9月18日です。終盤はJRの水飲み場?まで我慢の力走でした♪〜★

出島の風と活水の校舎とJRみどりの窓口の給水がステキでした☆☆☆


まさとし
2007_9月 : comments (3) : trackback (x)
和夫君気分♪

まさとし
2007_9月 : comments (2) : trackback (x)
体感姫野目線♪

まさとし
2007_9月 : comments (3) : trackback (x)
一日の始まり

まさとし
2007_9月 : comments (1) : trackback (x)
♪指先確認♪
さあ西への旅です。私の乗る電車はこれですね!


まさとし
2007_9月 : comments (2) : trackback (x)
喉スッキリ
リハーサルスタジオの空気はつらいのです淀んでいて、エアコンを使うとかき混ぜられて一層荒々しくなります。(雑菌のアジトに突入な感じです)
だけれども密室でドラムにエアコン無しは下手したら熱中症の餌食です。したがって後のケアーが大切なのです。
で、〜の紅茶の登場となります♪紅茶の殺菌作用は絶大です、しかも余りは水分補給に使えますし、憩いのひとときをも連れて来ます。勿論和茶でも果たせない役ではないのですが、私の1日のなかで他では出番の少ない紅茶です。


まさとし
2007_9月 : comments (1) : trackback (x)
あめばい(雨で〜す)

まさとし
2007_9月 : comments (1) : trackback (x)
カレー屋さん?
鎌倉に行く用事があったので海辺134号線沿いで食事する事にしました。
残念な事に大好きだった店が消えてしまっていて(いつでも期待どうりの味で出迎えてくれて30年近く生き残り、私の中で鎌倉の景色に欠かせない場所になっていたのに)、仕方なしに他の店でしぶしぶカレーを食べました☆
しかしなんとこれが、すこぶる美味しかったのです!器も☆☆


まさとし
2007_9月 : comments (3) : trackback (x)
走って治す
いやな感じの目覚めでした。身体がひどく寒いのです、布団を着ているのに。
前日の記憶がうねります★台風の置きみやげの暑さに、つい油断して薄着で出かけ、外汗内冷房の当然の罠に情けなくも、まんまと★、を実感したのです。
今日は深川ジャズフェスティバルしかも昼間のステージ。時計はまだ朝の5時を少し回ったあたりで睡眠は4時間弱?こういう体調でこういうスケジュールの時の過去を思い出す限り追加眠の成功率はかなり低いのです。でも身体は眠りを要求してきます。
「風邪は走って治す」市民ランナーの常識です。私も何度か窮地を免れた経験がありますがライブ当日に実践した事はありません、何故なら私の場合、視神経の疲労が常人の比ではないのです。演奏を伴う仕事の日は朝からなるべく目仕事を減らします。目の疲労は集中力を強奪するからです。
眠い身体で さんざん迷った挙げ句、昼下がりの一回ステージを考慮に入れて、走るを選択しました。それなりに勇気を伴う行動だったのです、私的に☆

十時間後ステージあとの川風が答えを教えてくれました☆
ぜ〜んぜん寒くない♪
  
今年で2年目の深川フェス、素敵な まつりでした。


まさとし
2007_9月 : comments (5) : trackback (x)
Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30