Martintonの日々

★牛丼王子☆
すこし遅めなスタジオの前に、夕食がてらチェーン店で牛丼と野菜のセットを食べる事にしました。

しかし、この手の店の食券売機はやたらメニューが多くて苦手です。
後ろに人が並ぶと焦ります。
食べる物は決まっていても、切手サイズの絵と名称と価格とサイズがごちゃごちゃに同居して居並ぶメニューに目・手こずり★目的の場所へたどり着くにはひと苦労です★

今夜も食券を求める人達が一瞬途絶えるまで、券売機から距離を置いて待ち、誰もいなくなったのを見計らって、すぐさま券売機を独占、人差し指先確認ツアーを行いました。
そして背後に人の気配を感じる前にどうにか、目当てのボタンを探り当てて無事食券を購入♪
たかだかこんな事で安堵感さえも得てしまう始末、困ったものです♪

さて店内に入り食券を出すと、先ずは野菜サラダが出てきました。
黒酢のドレッシングを程よく彩り終わると、今度は味噌汁と丁寧に殻入れ付き容器皿二枚の上に鎮座した、生卵が運ばれ、そして芳しい牛丼です。
卵の殻を割り斜めに容器を傾けてかき混ぜ始めたあたりで、店内に冷えた外気が流れ込んで、顔を上げずとも新規の客の入店を感じました。「いらっしゃいませ!」の前に。
香りの刺激で思いの外増した食欲の指示のもと、卵をまぶした牛丼やサラダに箸を滑らせていると、なんだか妙な空気が漂い出したのに気付きました。
出どころを確かめると、先程入店した金髪の若者(かなりルックスが整った、…面風)が発信元でした。
そう!この人が牛丼王子☆
彼は入店後直ぐに、当たり前のように五千円札を少し当惑する店員に手渡していたみたいです。
そして口頭での注文を行い始めたのです。
精算伝票を使わない食券システムがこのチェーン系の方式です。
マニュアルには無い対応を迫られ、店員の仄かに緊張が感じられました。(しかし他のチェーンでは口頭注文の方が主流かと思います。但し食後の伝票払いのはずですが。)
彼は券売機が存在しないかのような、「牛丼汁だく並!」との、声が狭い店内に響きます(吉牛では当たり前ですが♪)。
そして牛丼が出てくると、左手側におつりの小銭や札をガチャガチャと寄せ広げて?食べ始めると思いきや「あっ忘れてた卵!」の雄叫びです。
そしてしばらくすると、今度は突然「サラダくださーい!」とガチャガチャ村から追加分を支払等、我が物やりたい放題。

??気付けばなんて事はない、僕が頑張って手に入れた食券のセットと同じ内容の物を、彼は口頭で目の前に整列させてしまった訳なのです。
店員さんの「それではお得な野菜セット料金に致しましょう!」の優しく丁寧な声に「ああそうだねー!」なる気高き?反応?
その落ち着き払った、常人の理解を超える態度は、まさしく牛丼王子そのものでした(品格欠如なる♪)☆

券売機に四苦八苦する平民を余所に、こんな大胆な態度は恐れ多くて、真似る事など出来ません・やりません♪

街角にまだまだいそうな、横行奇族の存在を身じかに感じた一幕♪


まさとし
2010_9月 : comments (3) : trackback (x)
コメント
牛丼、美味しいですよね!
先週、私も吉牛デビューを果たしました。
(つゆだくにすればもっと美味しかったと思います(^o^;))

それにしても、ここ数年、男女を問わず、横暴横柄な奇族が増えましたよね。
以前、息子が中学生の頃、スーパー内を歩いていたら、年配の女性に突然「ドロボー!」と叫ばれました。
勿論、何もしていません。その女性の1〜2m後ろをただ歩いていただけです。

息子をドロボー呼ばわりされて、黙っている訳にはいきません!
私の姉も加わり、公衆の面前、大喧嘩してしまいました...
とても恥ずかしかったです...(-_-+)
(普段は温厚な私です(^o^;))
エミリー1972 : URL : : 01/Dec.2014 [Mon] 1:47 : 18z6nKnY
とっても楽しく、おかしく読み入りました!

それより初?ハンチング帽にびっくり!!いつもキャップですもんね〜「似合ってます」もちろん!

明日楽しみですっっっ!
bb : URL : : 01/Dec.2014 [Mon] 1:48 : 18z6nKnY
ま○屋の牛めし野菜セットですね〜♪

あの券売機は、なれないと あせりますよね。

カウンター内にレジがあるので 口頭でもOKですよ〜

私は ひたすら豚めし野菜セット ごまドレ派です。。。

明日は吉祥寺行きまーす♪♪♪
びん : URL : : 01/Dec.2014 [Mon] 1:48 : 18z6nKnY
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30