Martintonの日々

感謝の日
心に大きな傷を負ってしまった午後。
ひとつ間違えば人間嫌いになりそうなところを、幾人かの善意により救われた気がします。
杖の助けを借りて重いコロコロを引きずりエレベーターに乗り、地下鉄の改札階に向かいました、既に二階からの呼び出しボタンが押されている事に気付かず(私の眼力では頻繁です)。
エレベーター上昇にため息をついていると、二階からドヤドヤと今風?な軽くチャラくそしてひときわ煩い男五人組が乗り込んで来ました。
勘弁して欲しい一瞬が過ぎた後、地下二階の改札階へ到着すると!どうでしょう☆
僕の前をふさぐ二人がまずサッと降り、残りの後ろ三人がドアの開くボタンや両側のドアを手で止めてくれて、僕に道を作ってくれたのです。
予想もしてない展開に驚きつつも、有り難く感心のひととき☆
彼等は当然、身障者や弱者にも優しい事が多分に伺えるわけです〔彼等の親御さんに感謝!〕☆
そして電車で席を譲って頂いた若い女性も笑顔が素敵な人でした。
それにスクールの生徒さんの頑張りにも、心を暖かく出来るものを頂きました。そして友情にも☆
心に染み入る善意や頑張りの人達に今日出会わせくれた、幸せな人生に感謝します。


まさとし
2010_7月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
>「...今風?な軽くチャラくそしてひときわ煩い男五人組が...」
...39年前、九州から上京した若者五人組を連想してしまいました。笑
当時の大人たちから見れば、皆さんもそんな風に思われていたかもしれませんね(^o^;)
でも、本当に人は見かけによらぬもの、若者に限らず親切な方に遭遇することも多々あり、日々感謝しています。
若者に見習うべきことを教えられることも多く、高3の息子にしっかり伝えなければ!と常々感じています。

腰はまだかなり痛みますか??
どうぞ無理せず、お大事になさってくださいねo(^-^)o
エミリー1972 : URL : : 08/Dec.2014 [Mon] 4:15 : 18z6nKnY
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30