Martintonの日々

★芳しいチキンの香り★
テンション高めの割には、淡々と午前のスケジュールを確実に消化していけた私☆

午後は、差し迫った仕事上の物思いに耽るべく、比較的ゆったり出来る(土日を外せば)ファーストフード店を仕事場に定め出かけました。
空腹に任せて久々の♪高カロリー自己責任セットを平らげ、摂取した糖分に押され作業頭に切り替えようとしているところへの、芳しい空気を振りまき、試食品のアレコレを持った厨房係風出で立ちお姉さんが現れました。
満腹の食欲には尚更辛いチキンの香り(滅法鶏嫌いな私です!)でした。
折角の満面笑顔での、新製品の説明に入りかけた彼女に、少し気の毒には思いましたが、やんわり鶏苦手告知をして下がって頂きました。
しかし彼女が去った後もしばらくは、思考をブロックする芳しい香りに包まれてた私。

その彼女は新たな客が着席する度に現れ、またまた出来立て新鮮な香りを、既にお馴染みとなる口上と共に届けてくれ、度毎に影響を受けていた弱腰な作業能率君!
―とさ―


まさとし
2010_6月 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30