Martintonの日々

偲んで。
心残りがあります。
一年ほど前の事、スクールをやってるスタジオのスタッフから。
ガロのギターをやられてたと言う方が、上田さんとお話がしたいと言われてます。との伝言が届きました。
それがシャイな彼の言い回し方とも気付かず、ガロのバックをやってた人かと勝手に思い込み、覚えないけど?と思いつつ、とにかく休憩時間に会う事に。
ロンドンブーツに長髪なびかせ、ドロップサングラスをかけたイメージ(お互い様な二十代は長身♪)が鮮やかに残っていました。
なんと、実に三十数年ぶりの再会だったのに、昔、ガロの中で仲が一番良かった間柄だったのに、彼が堀内と名乗ってくれても本名と知らず気付かず、何方かを掴めないまま、距離を置いた無難寄りな態度で立ち話しを始めてしまっていました。
会話途中、あ〜マークだったんだ!と理解が及んだ時には後ろが迫る、無難を重ねた後の祭り時間。
勿論失礼無礼を詫び、僕の視力が至らない事も加えましたが、その日来た道を引き返す事は、出来ませんでした。
いつか日を改めて、彼のライヴにお邪魔して、昔の関係に整え直さなければと思ってました。
が、それは遂に、叶わぬ事となってしまいました。

生まれて初めて小泉信彦が買ったレコードが、ガロの“GARO4”だったそうです。
本日のスタジオ作業に入る前に、彼らが残した名曲のうち、数曲に浸る時間を作って、偲んでみました。


まさとし
2014_12月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
ガロには沢山の思い出があります。

初めて彼等を知ったのは、学生街の喫茶店でした。 チューリップと共に、水曜8時のあの歌番組や(笑)金曜8時のあの歌番組とかに(笑)ギター片手に3人が直立不動で唄う姿が目に焼き付いています。
今は亡きスーパー博商松崎店で、インストでよくBGMでリピートで流れていました。 岩田屋かダイエー?にも、デビュー当時来店されていたと聞いた記憶がありますが、インストアライヴだったんでしょうね?

たんぽぽ と 水色の世界、それとロマンス 、あとタイトルは失念ですが、彼女の部屋に遊びに来たら、彼女はピアノでショパンを弾いてばかりで彼氏は放置状態(笑) お願いかまって〜♪ チュー(´ 3`)してよォ〜・゜゜(ノД`) な曲。 大好きな曲です(^-^)

トミーとマークは もう天国で再会したのかな?

もし逢えたら、トミーを うんと叱って欲しいです。 ファンを悲しませるお別れの仕方は駄目だって(`Δ´)

マークのトンボ眼鏡(サングラス)格好良かったですよね〜。

クラシックみたいな、それでいてPOPなガロの音楽世界、大好きだし忘れません!

お休みなさいマーク。 次に目覚めても、音楽家でいてください(^-^)
りりこ2014 : URL : : 14/Dec.2014 [Sun] 21:29 : QNmZKhVs
コメントする









Oct.2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31