Martintonの日々

お相手♪
コンサートが迫ると僕らはその『お相手』の事を理解しようと躍起になり、多角度から研究し、それが元で益々惹かれて行く事も多々あります。
寝ても覚めてもお相手の事を自分の一部にしようとの懸命なる日々や時を送るのです。
しかし一旦コンサートが終了すると、突然!ひとつの思い出として記憶の戸棚にキッパリ納め、ある種熱が冷めたようにその存在を忘れてしまいます。
そしてまた新しいお相手の登場に熱を上げる事になります。

そのお相手とは新曲君の事です。
それは洋楽や邦楽のコピーだったり、新たなる自分のオリジナルだったり多種にわたります。

11月28日森下文化センター当日までのお相手は、ゲスト杉真理君チョイスの、アルバム・With The BeatlesからのHold Me Tightでした。
特にコーラスには毎度手こずります。
アバンギャルドなるジョンとジョージとポールのパートの展開が彼等の凄さ、特に初期の三人の声は類似していて、わずか二分半の曲に随分のエネルギーと時間を当ててみました。
しかし例外なく新しい試みを上手く乗り切ると良き弾みを生む仕掛けとなっていて、それを励みに時を重ねる訳でもあります。
2009下町ライヴRV−9の夕べ?も恙無く終了☆

初めて僕らを観聴きされる方々が多勢なる未知のステージ!
勿論かなりの緊張感を抱いて本番へと向かいましたが、それと共にどのような反応がか返って来るかも恐々興味津々の楽しみともなってた訳です。

多少戸惑い気味の舵取りではありましたが、楽しい方向への航行はお客さんに恵まれたせいもあり自然に成立、後は勢いづいた流れに任せて歌演奏が整い、和やかで楽しい時間となりました。
またいつの日かこのステージに♪




ウイスキーがお好きでしょ〜♪ 杉真理君 登場


まさとし
2009_11月 : comments (2) : trackback (x)
コメント
ウイスキーは...「大好きよ」
と、主人と昨夜をかみ締めています。

いいステージでした!
みー・ゆー : URL : : 15/Dec.2014 [Mon] 22:33 : 18z6nKnY
ビートルズ楽曲で2時間通しのステージ、おつかれ様でした。
「Come Together」あたりから、場の空気の密度がくっと上がってまとまるような、いい感じでした。
コメント内容や進行で、初めてREVOLUTION-9に接する方達にも気を配られているのが、よく解りましたよ。
3angle : URL : : 15/Dec.2014 [Mon] 22:33 : 18z6nKnY
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30