Martintonの日々

いつもの月1キャバンクラブ
ここのところ混合相乗りユニット祭りとか、ジョンのイベントとか、横浜遠征だったりと何かと鳴り物飾り?のステージが続いたREVOLUTION-9。
明日は本来の姿に立ち戻りキャバンクラブでの4回ステージです。

ビートルズを敬愛する演奏者達は、ジョンやポールに惚れ込み、或いはジョージやリンゴに憧れて、懸命に演奏を真似ながら体得して行きます。
そして憧れの歌それぞれを、音域が叶うのなら唄いたいとの願望が、少なからずあるはずなのです。

RV−9の特異でワガママな点は、本来この世界のバンドに有るはずのボーカルのボーダーラインをほんの少し緩め、その日によって同一曲でのボーカリストの入れ替えの妙を、ビートルズに対するひとつの愛情表現と解しているところなのです。

分かり易くも複雑を持ち込めば♪
例えば主にジョン役(太田シノブ)がリンゴやジョージの歌を唄い、当然リンゴ役(ドラマー上田)がポールやジョンやジョージを歌い、揺るぎないポール役(伊豆田洋之)がジョージやジョンを唄う☆
そしてジョージ役(ギタリスト杉原英樹)は欲張らずジョージを徹底して唄い楽しむと云う♪メンバー内の勝手な醍醐味を導入しているところです♪

ビートルズの絶対形態での歌演奏を望む方には不向きな楽団とも言えますが、ある意味どこか自然体での強味を体現している気でいる訳なのです。
そして!果たして明日もまた新たな試みが産声を上げる事となっています。

一度お気軽にお越し下さい!



まさとし
2009_11月 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









Aug.2019
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31