Martintonの日々

系図狩
最初っからのプロなんかは、稀な例外を引き合いに出されない限りはいないはずです。
プロも、アマチュアも始まりは同じ、夢中になれるアイドルアーティストの音や声に触れ、揺り動かされて、導かれ、自分なりに可能な表現を用いて、自分に答える事から手を付けて行きます。
そう!憧れの存在との距離を縮める為?の絶対入口がコピーなはずです。
度重なる挫折と微かな自信はそこから生まれ、経験を積んで自分を模索して行き、素敵なアマチュアの領域を充実させて行くか、何かの弾みでプロの道へと進むかなのです。
誰にでもあるそんなピュアな頃の自分との対話をコンセプトにしたユニットが系図狩と思って下さい。

圭右(ケイ)・伊豆田(イズ)・雅利(ガリ)と種を明かせばたわいのないものですが、三人それぞれが愛した音系図を持ち寄ってみれば、意外なスケール感がたなびき、楽しさは想像超えを果たしたものです。

今回の江ノ島[虎丸座]は、あえて三人の系図の両の手を思いっきり広げてしまうのではなく、肩幅程に開いてアーティストを絞り込んでお聴かせする、有・名曲揃いです。
地上7階から臨む贅沢な汐風の江ノ島をバックに、SLVと系図狩のお時間が迫って来ています。
期せずして術後ちょうど1ヶ月の 
8月23日です。


まさとし
2009_8月 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









Jul.2019
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31