Martintonの日々

ラーメンの側に!
北海道最終3日目、前日の飽食なる打ち上げで緩んだ身体を、ホテルトレーニングでしっかり素に戻した後、遅いお昼は狸小路の喜来登。



初体感のあっさりながら深い味わいの味噌ラーメンに満腹満足。



食後のカフェインはタリーズで、キャバーンクラブ用選曲を済ませ、リハーサルに向かいました。
二年振りの馴染みのメンバーとの音合わせは和気あいあい。前日までのソロライヴとはまた異なる、良き緊張と和みの一時が廻って来ました。
テレビニュースをバックにスティックを手元にホテルで本番を待ち、8時45分からの1ステージ目。
歓迎熱い客席の白シャツネクタイのサラリーマンのバンドマン軍団とのキャッチボールが楽しく、あっという間にステージ終了。



マックでのミーティングで休憩を使い果たし、再びキャバーンへ。
メンバーの緒方・青山・阿部・渡部さん達とのコンビネーションも心地良くクレッシェンドに乗り、演奏は第2ステージながらもアンコールへと登りつめました。
演奏後は、地元や遠方からのファンの人達との交流となる記念撮影会でキャバーンを後に。
先に帰路についた山本圭右・新見政弘・山口央志の欠けた少しこじんまりとした打ち上げながら、テンション高目な盛り上がりの私。ステージ始まりが遅かっただけにあっという間の真夜中の宴となりました。 そしてキャバーンのメンバーにお別れが出来ていない心残りから、深夜3時過ぎに再びキャバーンへ。



なんと五回目のステージに揺れる身体で乱入をさせてもらい、最後の札幌の夜を満喫。
表に出れば白夜を思わせる明るさに少々たじろぎながらホテルに納まりました。



帰京日の起床は 正午直前、慌ただしく荷物をまとめ清々しい晴天の札幌駅から新千歳空港へ。



まだまだ未練残る北海道の味納めに白樺山荘にて濃厚な味噌ラーメンとゆで卵二個と地ビールで締めてみました。



機上では片耳イヤフォーンで曲を流し、北海道でのラジオや新聞の取材で出会った個性溢れる愛すべき人達の事や、旭川ライヴの前日、下見がてらに覗いたカジノドライブでの、壮絶プログレドラムandパーカッションユニットの衝撃を回想♪そして二カ所のソロライヴの総括などをしつつ、再び睡魔の餌食に。
気が付けばさっきまでの気候が嘘のような梅雨真っ只中の東京へ放り込まれていた次第!
一瞬これからシーズンを迎える大通公園のビアガーデンの映像に溶け込みたい衝動を覚えました。

帰宅後は重さに耐え持ち帰った北海道限定の缶ビールを、冷やしに冷やして、余韻に浸った訳です☆
「本当!行って良かった」と。


まさとし
2009_6月 : comments (4) : trackback (x)
コメント
お帰りなさいませ。そして、お疲れさまでした。
上田さんの旅日記?楽しく拝見させていただきました。
実は土曜日の日に私も札幌にびゅ〜んと飛んでしまう予定でしたが
どうしても欠席出来ない用事が出来てしまい泣く泣く諦めました。
手ごたえのある北海道行きでよかったですね。
次はいよいよ地元博多ですね。体調の方はいかがでしょうか。
お忙しい毎日かと思いますがゆっくり充電されてください。
これからも私たちにすばらしい音楽をたくさん聴かせてくださいね。
ミント姫 : URL : : 02/Jan.2015 [Fri] 14:08 : 18z6nKnY
お疲れ様でした。
梅雨のない北海道ですから季節としては快適でしたね。お忙しい仕事の合間をぬって北海道を満喫されたことは良かったですね〜
今度機会がありましたら生で上田さんの音楽に触れてみたいですね。
あしか : URL : : 02/Jan.2015 [Fri] 14:08 : 18z6nKnY
お疲れ様でした。私のように「大酒呑みすぎた」ようですね。
ライブ観たかったです。
ゆっくり休んでください。

PS:新型インフルエンザ対策にはアルコール消毒が一番。毎日呑むことが大切です。継続は力なり。

 by大酒呑助
大酒呑助 : URL : : 02/Jan.2015 [Fri] 14:09 : 18z6nKnY
深夜3時過ぎに再びキャバーンへ、って、
なんか盛り上がってる気分、最高潮で、とてもよくわかります。
私的にもよくあって、盛り上がった勢いそのままに再び舞い戻ってみると、
そこにはもう誰もいなかった…
「こげなもんくさ…。」と一人。

本場の味噌ラーメン、バリウマ!でしたか?

博多でお待ちします。
マジカルイエローライン57 : URL : : 02/Jan.2015 [Fri] 14:09 : 18z6nKnY
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30