Martintonの日々

消えた初任給
例年だと五月病が話題に上る時期ですが、今年は大不況に重なる新型インフルエンザと、やわな病をニュースにする余白などないようです。
話としてはかなりタイミングを逸した感はありますが、この不況下、今期採用の新社会人の初任給やボーナス話がテレビで報じられた時に繋がった、遠い日の危な情けな残念話を告白!

僕がT団の一員として社会と思われる場所に出た時(プロデビューの為上京した当時がそれに当たるかと思います)、世間で云われるところの初任給に該当するものなどはありませんでした。
無名のT団に営業となる仕事など殆ど無く、しばらくの間収入など見込めない団員の生活その他の面倒を、T団発掘会社はみなければなりません。

ひたすらプロモーション活動やリハーサルとレコーディングの日々、毎日の生活費はアドバンス(前払い金)の名の元、発掘会社から借りるシステムでした。運が無く、売り出しに結果が出なかった場合は、読み違いの先行投資と云う事で発掘仕損じた会社の損失扱いとなります。が、幸い優れたる!先読みに自信持つ人達の頑張りと団員のやる気と運が実を結び、世の中に認知されようになりました。

そして少しでも有効生産を生み出し始めると、今度は当然それまでにかかった諸々の経費回収の流れも生まれて来ます。
世の中には名前が浸透しだした存在でも、実は借財返還の日々だったりな訳です。
しかしそれもT団に携わった人達が熱く一丸となった結果、長期のリスナーの支持を得る事が出来、幾つかのヒット曲にも恵まれ、おかげで借財生活から生還出来た訳です。

さて、めでたくアドバンスから解放された頃が、実質的な初任給を手にした時期と言えます。
五月病もホームシックもかなり過去に通り過ぎた後でしたが。
覆っていたフタがやっと取れ、晴れ晴れとした気持ちで郷里に帰った時の話です。

父親には帽子と靴とジャケットを母親には洋服を、兄には一度着てもらいたかった皮ジャンを、そして既に他界していた祖父の分も祖母には喜んでもらえる物をプレゼントしようとの思いを胸に、当時としてはかなり大枚の紙幣を銀行から引き出しました。ショルダーバッグの奥に大切に仕舞い込み、はやる気持ちを押さえて、福岡へ。
故郷でのステージ、そして打ち上げを済ませてホテルへ。翌日の買い物をほろ酔いの頭でシュミレーションしながら就寝しました……。

しかし明け方近く何だか嫌な気配を感じて目が覚めました。……?
枕元横に寝る前に置いていたはずのバッグが見当たりません!!驚き急ぎ飛び起きて、部屋中をくまなく探しましたが結果は同じ★
えっ!部屋のドアはオートロックだし??っと扉に近づくと、大きな注意書きが目に入りました!何とオートロックなどではない事を知らされたのです★★★

酔いを纏っての入室だったので、気づかずに寝てしまっていたのです。その状況を知るや否や部屋を飛び出し!明け方のホテルの廊下を宿泊者の迷惑かえりみず走り回りました!
×▽◎△□×な爆走の後、哀れ僕のバッグは、二つ下のフロアーの階段途中に投げ捨てられているのを発見!勿論中身はもぬけの空でした………★

バッグを見つけたその足で、ホテルマンに事情を説明しましたが、何だか対応が鈍く面倒くさげで、又か!的雰囲気も漂っていました。以前にも似た事件が起きていた証しに思えました。悄げる気持ちに救いなどはなく、疲れ果てての脱力睡眠を挟んだ後、翌日の警察に微かな望みを繋ぎました。

半日をかけての長々の事情聴取と、指紋をいろんな書類にペタペタと擦り付けさせられ(犯人の指紋と区別する為ですが)何だか僕が犯人のような扱い方(落胆な角度から)に益々情けなく、行く宛のない怒りと残念を一人噛み締め袋小路三昧。
結果、犯人らしき指紋は発見出来ず終い。

なだめ諭すように、警察の人に「これは明らかにプロの仕業!物色中に目覚めなくて幸い、ひとつ間違えば命の危険もあったはずです!」と重ねて脅された後、「あなたの盗まれた額が大きかったので、他の部屋の人達が事件に巻き込まれずに済んだかも知れませんよ〜」と、少しお門違いな慰めを頂き、脱力感は蜷局を巻くばかりでした★

一人前になった証をプレゼントするはずが、
情けなくも、母親にお金を借りる羽目に♪
思いも寄らぬ借財生活へしばし逆戻りの一幕★
貴重なる経験!つくづく痛み入った次第★
勿論その後、ホテルの部屋の鍵の始末は万全!
オートロックの強く素早いバネの返しを考慮出来ず、2・3回寝巻き姿で閉め出された以外は♪
 おしまい!


まさとし
2009_5月 : comments (3) : trackback (x)
コメント
せっかくお父さんお母さんお兄さんにプレゼントを…と考えていらしたのに悪い 奴がいたのですね。それからいつかプレゼントはされたのですか?犯人は捕まったのですか?娘は初任給をもらったはずだけど親の事なんて…
marichan : URL : : 02/Jan.2015 [Fri] 16:07 : 18z6nKnY
いつも笑顔の上田さん...その笑顔の陰でそんな大変なことが起こっていたのですね...(>_<)
主人が東京に単身赴任していた時、空き巣に入られたことがあります。ドアの鍵を破られ...
犯人は捕まりませんでしたが、やはり命の危険にさらされなかっただ
幸運、と諭されたそうです。
世の中には本当に悪い奴がいるものですね...まぁ、犯人には何らかの報いがあったことでしょう(^-^;)
エミリー1972 : URL : : 02/Jan.2015 [Fri] 16:07 : 18z6nKnY
親孝行な上田さんを苦しめた悪いやつ許せないですね。
私は人を信じやすいのでよく親からも心配されますが、親は人を騙すような人間になるよりまだ騙されるほうがよいといいます。長いシンガー人生の中でいい思い出思い出したくもないような苦い思い出も沢山あるでしょうが、振り返ることができるような過去の思い出にになってよかったと思います。
あしか : URL : : 02/Jan.2015 [Fri] 16:08 : 18z6nKnY
コメントする









Oct.2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31