Martintonの日々

何気ない一杯
コーヒー好きの私ですが1日に飲む量はまちまちなのです。
追われて作詞曲文の入口を捜す時のコーヒーは、一杯を少しずつ舐めるように、ヘタをすると一時間以上をかけてすっかり冷え切っても、まだカップの底にわだかまっていたりですが、ひとたび扉のノブに手が架かると、一転お代わりをがぶ飲みしたりで殆ど味わってはいません。

リハーサルや本番日のコーヒー、美味しさへのこだわりはかなり強いのに、味わうルールから逸脱して、結構な量を勿体なくも淡々と喉に流し込んでしまいます。
琥珀揺れる香りとコクを味わえる時間は大切です!

先日の京都 清水寺付近で新たに見つけた美味しい一杯を過ごせる処、味わい深い空気をとどめる器(室内)創りがとても好ましく映りました。
こっそりリピーター宣言しています。


まさとし
2008_11月 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









Dec.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31