Martintonの日々

拾わないコイン
地下鉄の階段の途中でおじいさんが、財布から転がり散らばった小銭を懸命に拾い集めていました!勿論拾うのを手伝うのが当たり前なのです。しかし僕にはそれが出来ないのが残念です!本当に拙い視力なのです!
ずっと昔 小学校下級生の頃の話、給食袋と言うものがありました。毎月の給食の代金を学校へ納める為のモノです。馬鹿なイタズラを目論む奴らが廊下を通りかかった私のソレを足で蹴り袋から1ヶ月分のコインが転げ落ちました。奴らの思惑通りだと、私が廊下の床に這いつくばってお金を拾うところを嘲笑うつもりだったのでしょう。しかし私の視力で回収は到底不可能と判断、しかも奴らが拾ってくれるはずもない訳で私の取った行動はその場を離れる事でした。残念ながらそれしか思い浮かびませんでした。
ただし捨て台詞はしっかり残しておきました『拾うとが面倒くさいけん! やる!』きょとんとした奴らがお金を拾い集めているのを尻目に難を逃れた形でした。後で母親にはタップリ叱られました!袋ごと無くした事にしたので。まだ複雑陰湿なイジメの時代ではなかった訳です♪
そして次のコイン拾わない話は成人後上京後編です!真夏の早朝ジョギングの時、喉の渇き対策でドリンク代の十円玉をポケットに入れて走っていた時に起こりました!公園内を疾走中、三四段の階段をジャンプ!それと共に十円玉も多数宙を舞ってしまいました。「しまった」っと心の中で叫びましたが、勿論拾い集めは困難、周りを見渡すと遠巻きにコインの散らばる音に反応した複数の目撃者がいました!しかし彼等に何故コインを拾わないんだろう?と疑問を持たれるまえに、気付かぬフリして走り去ってしまいました!情けない話ですが、不特定多数につまらない虚勢を張ってみた訳です♪

今更ながら、おじいさんに謝りたい気持です!気付かぬ顔して通り過ぎてしまって★
そんな日の夕陽はひときわ眩し〜い。


まさとし
2008_7月 : comments (3) : trackback (x)
コメント
概要  私も眼が良くありません。幼い頃左目をけがしたことが原因だと思っていますが、よく見えません。右目でずっと物を見てきました。生活に困る事はあまり無いのですが、時折遠近感が必要とされる行動を伴うとき、その不足分は大いにハンディとなります。たとえば野球などボールを追いかける時、それが自分に向けられたボールはまず捕球できません。仕事で、1点に物をあてがう場合でも同様です。大きくずれて失敗してしまいます。そんな時は、やっぱり凹みます。他人に迷惑をかけることもあります。冷たい視線を浴びたりしますが、それでもなんとかその場を乗り切らねばなりません。悔やんだ事もありますが、それゆえに見えることも、わかる事もいっぱいあって・・・。そんな事を幾度と繰り返し、思い直す私です。

 上田さん、名古屋の得三・・・行きますよぉ〜!!
hiro : URL : : 08/Feb.2015 [Sun] 11:00 : 18z6nKnY
胸にズキンときました。私自身の小学生時代のことを思い出して。

私も強度の近視で、物心ついたときは既に0.1位の視力しかなかったので、小学校1年生から眼鏡をかけていました。矯正してもあまり視力は上がらなかったので、見えないことからくる体験は私も数限りなくあって。。。自分が辛かったり、見えないことで人に失礼をしてしまったり。

幸い、眼鏡では矯正できなかった私の眼も幸いコンタクトレンズだと矯正可能だったので、中学生のときコンタクトをするようになってからは、ずっとお世話になっていますが。

眼にはずいぶん苦労をかけてきました。コンタクトレンズ生活は35年くらい。本来の能力以上の仕事を強いてきたなと。寄る年波・・・近くも遠くも見えにくくなってきた今日この頃。それでも、日々眼を酷使する仕事をしているので、あらためて、もっといたわらなければなぁと思います。

上田さんのお話の趣旨からはずれてしまってすみません。思わず書き込んでしまいました。
Betty : URL : : 08/Feb.2015 [Sun] 11:00 : 18z6nKnY
上田さんは
この夕陽のように
美しい心の持ち主だと思います。
様々な困難にも打ち勝って今日の上田さんがいらっしゃいます。
私はそんな上田さんを
心から尊敬させていただいております。
これからも永遠にです。
ミント姫 : URL : : 08/Feb.2015 [Sun] 11:01 : 18z6nKnY
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30