Martintonの日々

東京湾花火大会をも中止させてしまう天候不順日にも関わらずのご来場に、感謝☆
延期ではなく中止との事。
用意されていた東京湾用の花火は、濡れてもいないのに全て廃棄★
とのニュースに、この日の為に尽力されて来られた多くの関係者の方々の残念炎が、伝わってくる気がしました。

話しは、彼方二十代の頃の花火大会へ。
あるとは知らず、ただ引き揚げる決心を渋って、波打ち際に延々海水浴陣地を構え。
結果特等席での見物となってしまった。逗子海岸の素敵な花火大会の記憶☆

あの感動を伝えようと計画し、家族を連れ逗子海岸の最前自信列を確保出来た夜。
滅多にない不思議な光景を、体験する事となりました。
晴天でしたが、開始時刻に風が止み、打ち上げられた花々の煙りが動かぬ雲を作り、更に作り続け♪開始30分で、他に欠点を見いだせない絶好の海辺の夜空を、煙り雲が覆い尽くしてしまいました★
待ち望んでいた音で体は揺すとも、期待の花火は全て、人工雲の中にお隠れに♪
天を仰いで願うように口で「フー!フー!」をする人(ワタシも♪)・手にあるうちわで空を扇ぐ人続出(笑)。
時を追う毎に益々状況変わる気配が無くなり、諦めて帰る人並みに混じる決心をした時の、子供達のため息を思い出します♪
数年後に持ち越しとはなりましたが、前宣伝を抑え目に、コンパクトなる感動を伝える事は、叶いまいた。
‥とさ♪




まさとし
2014_8月 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









Oct.2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31