Martintonの日々

昨夜は、頂いたじん粉を使って“明石焼き”☆
焼き上がりの姿こそイマイチでしたが、口に運ぶと、明石焼きならではの“じん粉”ならではの美味しさが広がりまいた。
我が家初の明石焼き☆
熱々のとろっとろでフワッフワでのアッサリ味がたまらなく、何個も行ってしまったワタシ♪

神戸出身の方と、レボキュー打ち上げ時初遭遇の大阪たこ焼話をしていたところ、不思議な明石焼き話へと移行し、なんと弾んで♪地元の人しか手に入らない“じん粉”を頂く事に!?
その変哲もない粉を前に、初め???だったのですが。焼き食べ楽しんで、明石焼きの不思議味にハマった次第☆
焼きの要領も身に付いたし、“じん粉”はまだあるので近々またやるつもり☆です。

そう、デザート菓子は、幼稚園時代からの同級生が買って来てくれた♪小ぶりで食べ易くなった(子供の頃よく、ガワだけ食べとりました♪)ふるさと土産で、くつろいでみたり☆






まさとし
2015_5月 : comments (2) : trackback (x)
コメント
上田さんの明石焼きなかなかふわふわ感が出てますね。(笑)私一度だけ食べました。お出汁で食べるんですよね。デザートは東京の銘菓ひ〇こに似てますね。福岡では なんていう名のお菓子なのでしょう?
もりりん : URL : : 18/May.2015 [Mon] 7:35 : U4EPaMDU
旧吉野堂の 銘菓ひよ子ですねヽ(・∀・)

先代会長なきあと、システムが様変りしたみたいで、画期的な変化を遂げ 特大ひよ子やミニひよ子、現在は新ブランド典を展開し 洋菓子部門にも拡大していますね。

過日、呉服町の千○屋本店で買い物し、新天町の支店のポイントカードを提示した所、このカードは使用出来ませんとの事。 呉服町の総本店と 新天町の店は、今は別系列で同族会社ではないそうです。
何だか台所事情を覗いたみたいな後味の悪さを感じつつ帰りました。

♪三角形の面積は〜 で始まる 例の千○饅頭CMに子供の頃から馴染み エルベのケーキで誕生日を祝った私には複雑な気分です。

代替わりすると、後に続く者は革新的なチャレンジをしたくなるものなんでしょうか? 時代の流れに柔軟にシフトするという事なのかな?

モヤッとする私がアナログ人間なのかな?

ところで、ひよ子といえば 昔 ポピイという ふんわりしたお菓子がありましたよね?

あれ いつのまに無くなってしまったんでしょう?
りりこ2015 : URL : : 19/May.2015 [Tue] 21:32 : xCcGjHf6
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30