Martintonの日々

2016、Dear BEATLESリハーサル終了。遂に彼は、来なかった!
思えば、僕が着目し始めたKG(圭右)の存在感について、彼と面白く語り合った時がありました。
僕がKGと二人でソロツアーを始めた頃ですから、2006あたりでしょうか。

彼の音楽に、誰よりも最も近い存在でしたし、何よりも二人は、僕が知りうる限り、互いを認め合う親友同士でもあったはずです。
それを知りつつ行動を起こした、此方の考えを、立ち位置をちゃんと伝えるつもりで会いました。が、大らかな彼の優しさがひたすら漂う、楽しい時間記憶となりました☆

僕が彼と最初に会ったのは、それを遡る十年前の事。
THE BEATLE PEOPLEと言うイベントの、二代目ドラマー(初代は稲垣潤一さん)として僕が参加した時です。
ソロヴォーカリストとしての確固たる位置はさて置いての。ベーシスト側からの素晴らしいビートルズ研究の成果を、演奏で表せる(歌は勿論)人でした。
Dear BEATLESへの彼の参加は、2011年からです。
長年続いてるディアビのメンバーの中に不意に加わるのはと、同年の新春の僕のソロライヴ(大阪)へ、ベーシストとしての参加を、申し出てくれました。
ただひたすらベーシストとして完全全曲燃焼の素晴らしさ!その大胆な行動力と、感性繊細な演奏力にド肝を抜かされた印象は、とても鮮やかです。

年に一度のDear BEATLESで、彼と楽しみ重ねる歴史が始まっていたのに、突然終わってしまいました。


親愛なる村田和人君の、ご冥福を、お祈り致します。

彼に観られても恥じないようなステージを目指し!3月4日を頑張ります!


まさとし
2016_2月 : comments (2) : trackback (x)
コメント
ディアビと杉まつりで村田さんの演奏を観るのを毎年楽しみにしていました。
ディアビでは実直にベースを奏でたり、ジョージのマニアックな曲を少し緊張しながら歌われる姿が印象的でした。

村田さんの明るいキャラクターと音楽スピリットを、3/4のステージで感じられることと思います。
ロビンコップ : URL : : 25/Feb.2016 [Thu] 2:29 : XTMpTJdc
よく存じ上げない方ですがご冥福をお祈りします。

上田さんも健康に十分注意してくださいね。
スカボロ : URL : : 29/Feb.2016 [Mon] 9:08 : 5mEdvUG.
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30