Martintonの日々

自撮り下手!(終演後楽屋にて)‥☆僕のサードアルバム“翼の影”の告知動画が出来てます。よろしかったら
渋滞中バスの長停車に、ぐずり出した乳呑み児を抱いた、まだ少女を残す、若い母さん。
周りに気遣いながらも、耳元で優しく囁きかけては、立ったり、座ったり、仰向けたり、少し左右に揺らしたり、抱き寄せたり、抱え上げたり。
‥気付けば、応援心と懐かしさで見守っていました。

柔らかな彼方の記憶棚より。
新人看護士の迷い針点滴の痛みにも、涙滲ませながらも騒がず我慢出来る。
普段はおとなしい長女。
しかし、一旦泣き出すと、なかなか収まらず、手を焼いた経験が幾度か。
ひとつ摘まめば、新宿の真ん中で、母親の髪切りの間中、大泣き通し。父親に似つかわしくない風体の此方に世間様は、疑いな冷視線を集めてもくれました。
ついでに、乳呑み児の頃の昼寝事も。
抱っこベルトでの、お守り散歩にもよく出かけました。
揺れてスヤスヤ寝息を立てる頃が、此方の疲れも出る頃。
家に戻り、敷いてた座布団ごと抱っこした状態で馴染ませ、サンドのまま畳にゆっくり寝かせます。
が、座布団下の腕を、そ〜っと抜き取ろうとするといつも、感づかれ♪寝泣きを始めてました。
そんな時、胸からの心身をくっつけて安心を与え、くっつけ部分を少しずつ減らして行き。最後は此方の片ほっぺから、手の平に変え、指一本づつ集中して離して行き(笑)。その後は、不滅の“トントン”での、ひと休み☆
都合良く運ばなかった時の思い出程、柔らかく鮮明な記憶♪


☆“翼の影”の告知動画、観てね!コチラから⇒


まさとし
2016_9月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
子どもも大きくなってしまうと、子育ての頃が
懐かしいですね。
TULIP初日お疲れ様でした。
ありきたりの表現ですが、感動のステージでした。
長丁場ですが、さらに会場が増えるといいな、
と思っています。
地元の仙台・郡山で、お待ちしております。
「翼の影」予約済みであります。
待ち遠しいです。
福島市・Kato
T.Kato : URL : : 13/Sep.2016 [Tue] 22:38 : w4AfktWk
コメントする









Mar.2020
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31