Martintonの日々

スタジオ籠もり日!
心身を支える、その後の大切な柱になろうとは夢にも思わず、な〜んとなく始めていました、走りを。
二十代の折り返しあたり、度付きサングラス(超濃い色でも制作可能時代の到来☆)が目元に届いた所為もあり。
虚弱体質の対策にいいかも?な軽い気持ちでした。
が、走りに慣れて行くと驚きの日々が広がり始めました。

生まれおまけの強度弱視や、光調節機能効かない視界が壁となり、身体を思いっきり使い切る事を知らなかった生活は、運動の快感で一変。
麦時間との出逢いもこの頃からです。

身体的に縁遠い(運動会は一度も出してもらえず、見えない見学♪)はずのレースにも、参加出来るようになり、公演後も事情許せば走る事を選択していました。

その頃はまだ、ステージを下りた後、メンバー全員で食事をとるシステムだったので、メンバー承諾を得て、オーダー必要な場合は、走る前にスタッフにその日好みを伝え即、宿を飛び出していました。
冷めかけの食事を、走り後にパクつく事も、どこか新たな充実と繋がってた気もします。

まだ初心者マークだった頃、北陸の何処かの後、着替え済まして走りだすと、「ぼくも一緒に走っていいですか!」と私服の少年が進言して来ました。
自分にも余裕無く、断りを入れましたが、彼は既に臨戦態勢♪
仕方無く受け入れ、大人気なく振り切るつもりで一緒に走りました。
併走は2.3キロだったでしょうか、運良く音を上げてくれ、その後はゆるりと走りました。

あの少年も、同じ歳ぐらいの息子を持っていてもおかしくない、、長い年月。




キャッスルロードで買った、自分土産、旨し☆


まさとし
2017_3月 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









Mar.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31