Martintonの日々

博多での二度目の正月気分は、十日恵比須神社での正月大祭でした。そして一月十日は、父の誕生日です☆
その昔、生家の西門蒲鉾は、正月休みを終えると、どこか晴れやかで賑やかな、十日恵比須への支度に追われていました。
その新春らしい店の活気の素敵を、よ〜く覚えています。

十日は亡き父の誕生日。生きていれば、102才。39年前に、63で他界しました。

父の誕生日が、商売の神様の正月大祭と重なるので、いつの年からか始めてたらしいのです(本人からの聴取無し♪)出店を。

日頃から御贔屓のお客さん達に、お礼の年賀状(積み上げた高さ20センチを、三束程?)を自筆で送り。参拝された方々はそれと引換に、境内にある店で、福引き(外れくじ無し)が出来る形式になっていました。
景品の全ては、かまぼこ。
通常の新春初売りの他に、景品のかまぼこ造りが加わるので、店は年明けから大変だった訳です。

景品は、めでたい鯛形かまぼこがベースで、・松が(豆鯛)・銀福が(中鯛)・金福が(大鯛)・大福帳が(白く大きな短冊形に、大福帳と書かれた蒲鉾)・そして大当たりが、博多ではお祝いの引き出物として定番の、春冠(木箱に、松竹梅や特大の鯛等が入った蒲鉾セット)だったと記憶しています。

生家では余りに当たり前の年中行事。故に、父親に敢えて尋ねる事はしていないのですが。
おそらく、感謝の無償奉仕店だったので、神社側からの御厚意の計らいで、境内での出店が叶ったのでは?と推測しています。
親の何も解らず、上京するまでは遊びがてらに、半端な手伝いに行っては、露店・お化け屋敷・見世物小屋・サーカス小屋巡りを、存分に楽しんでいました。
懐かしく思い出し、今更な反省!

毎年、出店をしっかり受け持ち、守ってくれてた がたすまち(片須町)のばあちゃん(祖母の妹)には毎朝。ご挨拶ば(他のご先祖さん達にも)、しとります♪


まさとし
2018_1月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
年末年始の蒲鉾屋さんの忙しさ、解ります❗私は、
小さい店で販売した事あります。
蒲鉾にはちょっとうるさい私❗
西門かまぼこ店は凄く大変そうですね❗
西門かまぼこの蒲鉾のはしきれも、天ぷらも、
とても美味しかったです❗
kazu : URL : : 11/Jan.2018 [Thu] 12:01 : xC/YWwjA
コメントする









Jul.2018
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31