Martintonの日々

再びのリハーサルは、おそらく人生初かも?な思い出☆を、今更ご報告♪
滅多に無い事が起きるのが本番。
ステージの大小に関わらず僕は、開場直前にセットの最終チェックを行う事にしています。

ドラムには二十箇所以上締めなければいけないネジがあり(セットにより数は異なります)。リハーサル時には気が行かず、キッチリ締めを忘れたり、演奏振動で緩みが出てしまってる箇所が、あったりもします。
本番中に緩むと厄介を背負うので、確認チェック締めは大切なお仕事です。
それに何らか事情で、本人預かり知らぬ間に、リハ後動いてしまった椅子も、本番中にはちゃんとは戻せないので、大切な確認事項です。
バスドラと椅子との距離や、ハイハットとの関係が正しいか、また一応ヴォーカリストなので、マイク位置との大切バランスも確認し、本番に臨みます。

そんな人見記念講堂での最終チェック直前に、事件が起きましました。

ステージ上にいるスタッフが突然、僕の目前で騒ぎ始めたのです。
「駄目だ!この状態じゃ本番には入れない!」「リハーサルをやり直すしかない」
「ベースアンプが完全に飛んで(即は使い物にならない感じ)しまっている!さっきまで大丈夫だったのに〜?」

楽器スタッフが打開しようと試みますが、アンプ(機械の気まぐれ)は、ウンともスンとも蘇える気配無く★
代えが無いので選択余地無く、アンプを通さず、ベースをそのまま転がし(モニタースピーカー)に直接返す方法へ切り替える事になりました。

全員のモニター状況が一変したので、全メンバーがステージに集合。

でもやはり、経験豊富な熟練メンバー☆
ガヤガヤにこやかに集結し、誰責める事無く、二度目のリハーサル(数曲)を行う事になりました。

そして、本リハで、折角バランスを整えていたはずの当事者、清水仁(ベース担当)の言葉も前向きで、イカしてました☆

「どちらかと言えば、こっちの方が、俺はやり易いわ〜!」
気遣いのある、言葉が、Dear BEATLES全メンバーに、有り難き安心を与えてくれたのは言うまでも☆

そんな一幕が、本番前にありステージへ突入☆

経験上、機材トラブルは連鎖する事多く、心配小脇でしたが、その後はスムーズにステージが進行♪

但し終盤、楽器スタッフが僕に駆け寄り、「大丈夫です!このまま行きます」との突然な言葉を、理解出来ずに?演奏を続けていると。
バスドラの打面の上のミュートが、半分手前に垂れ下がり、それごとキックしている事に、遅蒔きに気付き驚き、『曲の間に、ミュートをベリベリ剥がす?‥でもそれでは外音(客席側の音)が変わり過ぎるし…』と、揺らぎましたが。
楽器スタッフの「大丈夫です!」言葉を信じ、頼りにして、緊張の完走を果たせた次第☆‥☆‥☆
な、ご報告♪


まさとし
2018_3月 : comments (2) : trackback (x)
コメント
今日のNHKの歌番組、松本隆さん特集。昔むか〜しTV出演したTULIPの心の旅の映像が映りました。そこに上田さんのお姿も〜♪機会がありましたら、TVに出演された時の想い出話などもお聞かせくださいませ!
しょうちゃん : URL : : 06/Mar.2018 [Tue] 23:11 : A0jL/t.Y
慌てて、とんでもない失言...
心の旅、もとい、夏色のおもいで、でした〜
上田さん、お許しを〜
しょうちゃん : URL : : 07/Mar.2018 [Wed] 11:54 : A0jL/t.Y
コメントする









Dec.2018
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31