Martintonの日々

東京七月七日(友人の命日)“二子玉川GEMINI Theater(旧KIWA)”、ソロライヴ☆へ向けて。開場16時30分。開演17時です。
2005年から始めたソロのライヴは、いつかしら僕の弱人生から掘り出せた、宝物な時間帯になって来ました。

上田のステージ如きに、わざわざ毎度足を運んで来て頂けるみなさんの存在はある意味、弱人生での驚き事です。

ひとはよく、あの頃は良かった!みたいな表現を使います。
確かに、常に加齢の身体より、無垢が元気な時代や、若き弾力期が魅力的なのも、頷けます。
実際私的にも、昔のようには、速くは叩けなくなり、高いキーには届かない声にも、なりました。
しかし、幾つもの山・谷越えを経験した現在(とある山越えに今まさに、挑んでる最中)が、これまでで、一番ましな、時期(異論受付ます。)だと思っています。

以前にも書きましたが、幼い頃から少年時代辺りまで。
馬鹿な話ですが、お腹が空く感覚を知らずに、呼吸していました。
強度の弱視と、全くの光調節を持たない視力脱力に産まれた為。普通の子の当たり前な活発にも、制限が加わり、体を動かす事等の運動結果で、汗をかく事すら知らない子供期を、過ごしていました。

朝を習慣で食べ、昼の給食を無理やり押し込み、「早く晩ご飯食べなさい!」に、解らず恐怖する毎日。

教師が書く、大きな題目すら見えない、教室の黒板の真ん前席で、空虚時間を延々過ごし。
体育実技の時間は、見学と言う枠で。
小・中学の運動会には結局、一度も出れませんでました。

救いは、そんな奴でも、友達として迎えてくれる、恵みとなる存在(未だに付き合ってくれてます)でした。

思いっ切り心身から、汗をかいた記憶は、プロとして立つ真夏の懸命ステージでした。

思えばあれが、零才児な頃かも☆
と言う事は、今はまだ、47才(笑)♪

見かけより、活力はまだ、残っていそう。

東京のソロ、全力で臨みます!
七日命日の、友達に叱られぬよう!

このツアーだけの、追悼のコーナーを設けてみました。
彼が歌った6曲を、メドレーにしています。


まさとし
2018_7月 : comments (3) : trackback (x)
コメント
たいへん楽しみにしています。
いつも、パワフルで楽しいステージ、そして神対応のお見送りありがとうございます。
SATOMI OTAKE : URL : : 06/Jul.2018 [Fri] 9:44 : y33ZUDE2
なかなかライブへお邪魔できない たよりないファンですが、

11月こそ!!今度こそ!! ・・・行きたいです。

7月のソロ・・・行けません。

だから、涙が出ちゃう・・・お中元最盛期だもん。
まいどずんこ : URL : : 06/Jul.2018 [Fri] 18:04 : TcLHFla2
 メドレー六曲に オールウェイズの
 
あの曲も あるかな。。
ドキドキしてしまう。。。
純 : URL : : 07/Jul.2018 [Sat] 15:25 : PfZWfrt6
コメントする









Jul.2018
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31