Martintonの日々

明日は“六本木アビーロード”出演日です☆故郷からの春便り☆写真は博多小学校講堂。表左上に校歌☆(photo 小泉信彦)
平成31年度、第22回、入学式☆
今年もまた博多小学校から案内のハガキが、届きました☆

あれは、今を遡る二十三年前辺りな話。
僕のところへ突然、思いもよらぬ依頼事が、舞い込んで来ました。

博多の次世代を担う子供達を育んできた、奈良屋・冷泉・御供所・大浜の小学校4校が、生徒の減少で統廃合される事を。
新たに生まれる博多唯一校の“博多小学校“の噂も、伝え聞いて知っていました。
致し方無き時代の流れと受け止めつつも、消え行く旧御供所小の卒業生として、複雑が混在していた時期でもありました。
そんな折、何がどう巡り違えたのか、新設の博多小の校歌の依頼が、僕のところへ!

驚き戸惑いの中、名誉事と。厳しいであろう審査結果を恐れず、とにかくお引き受けする事にしました。
後に知ったのですが、上田がダメだった場合の作家候補には、著名な人達がずらり(笑)。よく選んで頂けたと感謝しています。

校歌を作った経験など勿論ない訳で、迷うがまま、思い付くまま浮かぶままに、ただ闇雲に(笑)、あらゆるタイプの曲を1日がかりで、引き出し終えました。

そしてここで、後の博多小校歌編曲者!小泉信彦君の登場となります☆
確証無き、行き先不透明な創作事に対しての、彼の快き参加表明は、願ってもない心強い援軍となりました。そしてこの事が、その後の僕の楽曲全てを、彼に委ねるきっかけとなった訳です♪

校歌候補曲は、彼のスタジオで骨格を固め、襟を正され、色付けされ、出荷(笑)。
故郷への想いを束ねた校歌“奇跡の扉”が、仕上がった次第。
懐かしい!

タイプ出揃った曲を、ずらり並べ聴き(?ん十曲)した後、二人で選んだのは何と、一番最初に作った曲だったりした訳です(笑)♪

博多小学校の講堂兼体育館の正面左上に、今も鎮座♪しとります☆


まさとし
2019_3月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
この校歌を聞き、息子が作ったにもかかわらず、
わからん😵🌀とおっしゃったお母様は、
お元気ですか?
桜貝 : URL : : 24/Mar.2019 [Sun] 16:01 : 3zu2Ao2c
コメントする









Nov.2019
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30