Martintonの日々

雪の後の、初走りから三日が経ちました。
去年12月24日。
兵庫公演の次の日から、不意に始まった長い体調の不良。
手こずりました。

兵庫から神戸への戻りのタクシーの30分間。
換気を促す内なる要求(菌が咽に付いたごとあるよ〜!)に応えず、僕らをタクシーに乗せる算段で身体が冷え冷えの隣席チーフスタッフの気遣いな陽気さに、あえて窓を開けずにいた事(車内空気の濁りが気になる時には、いつもは後部座席の両窓を少しずつ開き外気を通します)が発端のようにも思われます。

成し遂げしステージ後の免疫力を過信して、うがい怠り打ち上げ会場へ。
メンバーと麦とで、愉快に弾けた後の爆睡★

随分久々の、歌い過ぎ等ではない喉の痛みで、翌朝目覚める事となりました。

帰宅した後も幸い熱は出ず、折角なイヴを、投薬と走りで盛り返そうと踏ん張りまいた。
そして自宅でのクリスマス心身解放♪

おそらくこれで回復、と思ってましたが。
一晩熟睡治療?を施しても、体調は上向く気配無く。

その朝組み立てた、銀座タクト(27日 本年最後のレボキュー)の構成に従い、歌い事を始めると、軟弱な咽までもが厄介にも症状拡大に加担し始めて来ました。
そして“風邪は走って治す”主義がゆらぐ微熱走。

次第に咽から気管支へと、炎症の移行拡大を確認。
26日は、スケジュールを気強くタイトにしてコンディション作りに専念。
銀座の27日に臨みました。

当日は、何をしてもとにかく冷える身体(ステージ前、銀座文明堂でハイグレード紅茶をがぶ飲み♪)以外は☆熱く?明るく楽しい、レボキューならではの年の瀬ライヴ完走が果たせました♪

が、せっかくの本番後の楽屋忘年会の席で。チトらしくないノンアルコール麦酒な参加で、残念なる空気をサンド★ステージ直後に、大阪へのコンディション作りに切り替えしワガママ者の為。

翌28日の移動日に、スタジオに入り、頭をチューリップ環境へもどす作業。しかし尚、心身疲労葛藤の時間どした。

新幹線は安らか音(ケアリー・レイシェル)で耳休め。
大阪でのホテル到着後は、即ジュギングウェアーに着替え、真ん中に薄大型テレビを侍らせ、リモコン片手にNHKの年末特集や、年の瀬の賑わい画面でマンネリを食い止め、52分の部屋走り(外は雨やったとです)にて調整☆
“その気”を強引にリセットし、今年の締めの、大阪に全身全霊で臨みました。

初日から大盛り上がりの会場と歓喜を共有出来る己に、ひと安心。
その日食事会が無い事を幸いに、再びの部屋内飽き飽き走を加え、締めのステージに相応しい気構えを整える事と、なりもした。

頼りなき体調なんか置き去りに、ステキな二日間のほとばしりの充実時間☆
止まぬアンコールに優しく揺すられ、終演が叶いました。

現役四十年の経験からすると、この時点で精神身体が頑強変身。病等は追い出せるはずと、かたく信じとりました。


爆裂♪打ち上げの宴☆を経て、付録アリ。
メンバーそれぞれにタクシーを呼んだにも関わらず、僕の席の右横に財津和夫、左横に姫野が乗って来て、助手席のイベンターさんが驚く程の、アマチュアバンドの仲(過去に、タ〜ンと喧嘩はしたぜ〜♪)的おおハシャぎな車内(楽しかったとです)。

が、ホテルの部屋に戻るとやはり、侮れないお年頃どした。
重い疲れが、病の上に纏わり付いている事を残念にも実感。

大晦日でもケリは付かず。

明けて 元旦の、思いっきり十数キロ走も実らず。
せっかくの正月気分が、出どころを失っていました。

無理は承知で二日から、家族ぐるみホテルで時を盛り上がり、三日から高熱を出し、走りからも撤退。

五日の病院で、気管支喘息のレッテルを貼られる事となり(寝正月)ました。

仕事始めの七日。
小泉スタジオでの、二子玉カルテットのステージアレンジの進化促すミーティングで、多少何かを押し返しえたものの。
9日・11日のリハーサルでは、まとまり行く演奏とそぐわない★
マスク越しにマイクの前にいる自分が、何だか情けなく、心中穏やか処は、探しても見つからない状態でした。

そして遂に、新年な1月12日の二子玉川“KIWA”当日☆

音合わせで、全てを絞り出すように、歌い叩きをしばらく続けていると、体内に巣くっていた何かが、吐き出す息と一緒に出て行き始めたような気分が生まれて来ました。

そして本番ステージ。
前半で体調の激改善を感じ、ステージを降りると、纏わりついていたモノが、完全に抜けきった事を実感☆

おそらく、リハーサルからクレッシェンドは密かに始まっており、当日の音合わせと本番で40曲近くを、丹念大胆に腹から声を出した事により、身体の大掃除が完了したのではと、思っとります。

始まる前に「今日終わったら新年会ですね」のメンバー・スタッフの言葉にも弾まなかった自分が、うそのように、よく飲み、よく喋り、よく食べて。
宴終了はなんと午前三時☆☆

なんだかやっと、正月を迎えれた気分の訪れ、どした。

その後は雪上での長蛇のタクシー待ち、バスの寒風長蛇待ちにも、身体の芯に、元気が蘇った証を得る事となった次第。

残雪走り三日目を終えて、絶・好調をキープ(逃すまいゾ!)しとります♪

油断、してませんよ!
折角呼び戻した、健全なる日々なので♪

さ〜て!


2013_1月 : comments (6) : trackback (x)
コメント
完全回復したからこそ語れる事ですね!
あらためて,あけましておめでとうございます!
びびよん : URL : : 01/Sep.2014 [Mon] 7:28 : SaNhSLLw
長い長い気管支喘息の苦しみの後少しずつではあるけれ どLIVEに遭わせて体力調整それでも大変な3が日を過ごされたという事がブログよりしみじみと感じさせて頂くました。
私も喘息になったと知った頃最初の数年はカラオケにも行きませんでした。やはり喘息になると肺活量に問題が生じてしまいますよね。
自身がそうなので上田さんがその音楽をお仕事にしてチュー
リップ時代からも40周年経ち未だに病魔と闘いながらプロととしてシンガーのお仕事をされているのは凄いと思います。
今後もお身体を大切に今日まで続けていたシンガー兼ドラマーとしてのお仕事に励んでください。応援しています。(チューリップ時代から)
あしか : URL : : 01/Sep.2014 [Mon] 7:29 : SaNhSLLw
うえださん☆
Twitterでもうえださんのつぶやきみてずっと心配してたけど
呼び戻せてよかったです☆
油断しないよぉにこれからもわたし達に感動を
しあわせにしてください(^_^)v
わたし達もまたアンコールの声援送り続けたいです(^_^)/
kaco : URL : : 01/Sep.2014 [Mon] 7:29 : SaNhSLLw
年末年始・・

上田さん大変な思いをされていたんですね。。
完全復活☆よかったです!

でもインフルエンザが流行中ですので
これからもお気をつけてね。
みー・ゆー : URL : : 01/Sep.2014 [Mon] 7:30 : SaNhSLLw
12月下旬は、移動も多い忙しい日々だったと思います。
残雪走り3日間の確信をもっての投稿というのも、上田さんらしいな〜と感じます。
でも新春WH2&Mのステージは、本当に良かった!聴き応えがありました♪

ほんの試聴でですが、早速ケアリイ・レイシェルも聴いてみました。
安息時の時傍らに携えられる音楽、持っているといいですね。
3angle : URL : : 01/Sep.2014 [Mon] 7:30 : SaNhSLLw
上田さんの頑張りがみんなを支えています!凄いパワーを与えてくれているんですよぉ☆
日曜、以前、上田さんの話されていた「太鼓橋」にドラマーの友人とお参りに行くので上田さんの変わりないご活躍をもう一度、お祈りして来ます�
YUE : URL : : 01/Sep.2014 [Mon] 7:31 : SaNhSLLw
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30