Martintonの日々

久々朝走り☆
めげずにお笑いを続けてるけど!売れな〜い!何故か売れないけど、これも楽しい〜!
とハシャぐ、若作りが透ける見知らぬカップルと、酔いの勢いで意気投合して混ざり合ってました。
時代に置いて行かれたギャグ連発のはずなのに、何故か無抵抗に受けてしまうんです。
時間の推移が分からぬ山小屋風の居酒屋を貸切にして、朝まで大声で飲み明かし、「もう一軒」と誘われ、その気で店を後にしました。

しかしドアを開けると、一緒に店を出たはずのカップルの姿が消え、なんだか知らない景色に変わってました。

朝の霧に覆われた山間部で見え隠れする家々。
別荘地帯らしき所で、帰りの道を見失い、途方に暮れていると、先程のカップルが突然ウルサく登場。
駄洒落混じりに彼らが指差す方をよく見ると、見慣れた形の門扉が、霧の中から現れてくれました。

「助かった!やっと暖かい部屋へ入れる!」
「君達もおいでよ〜!」
と、安堵したのもつかの間、今度はポケットの中にあったはずの鍵が見つかりません。

彼女から手渡されてた合い鍵を、どこかで落として来たみたいです。

デニムの上着の下はTシャツだけ。
しばらくすると冷えて来て、身体の心の方から震えが始まり、頭痛も加わり、やがて止まないくしゃみが始まり…。

己が発したくしゃみの音で♪
目が覚めました♪

枕や、寝巻の首周りや胸元が汗で濡れていて、どうも寝汗からの寝冷えを招いたようでした。
震えも・頭痛も・くしゃみも現実…!
ほんの少しの寒暖の罠にも対応出来難くなった軟弱な身体を、近頃思い知らされます。

仕方無く、起き抜けに即断!
許されたばかりの走りに、頼る事にしました。葛根湯服用の後♪

とにかく、身体の芯が暖まる頃がゴールと定めて走り。
朝ご飯を済ませたあたりで、今回の難?を逃れられた事を確信出来、日常がスタート☆
−とさ−

つまらん夢の残像に、ま〜たお付き合いさせてしまいました♪
すまんです。


まさとし
2012_5月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
上田さん、気持ちはよー分かるですバッテン、薬飲んでの走りは控えたほうがよかとじゃなかでしょうか?…術後間もなかですし…
バッテン、それが九州人の気色ではあります!
ちーっとどげんかある時は、運動するとヨーなる!
と、思っている矛盾の私自身ではあります。
マジカルイエローライン : URL : : 23/Sep.2014 [Tue] 0:37 : PFmp0xCk
コメントする









Oct.2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31