Martintonの日々

WH2&M
冗談を交わしながらも、良き張り詰め感を真面目に持続して、リハーサルは進みました。

大切な人達との時間だからこその緊張もあり、一曲一曲丁寧に、喉の出し惜しみを控え、目一杯歌わせてもらいました。

こうゆうのを、楽しい時間と云うのかも知れません。

後は個人練習を積み上げ、4日の二子玉川に臨みます。




FUSHINSHA!

バスに揺られ立ちでのリハーサルの帰り道。

幾つ目かのバス停にバスが止まると、まだ開かれていない入口ドアの向こうから、奇声が響いて来ました。

気配を耳にした、バス内前方部のお客さん達の表情が強張る中、扉が解放され、その声の主が料金箱にお金を放り込みながら乗車して来たのです。

さらに拡声された◎▽■△◇◆を間近で聞くと、どうやらひとかたまりの英語っぽい?言葉を連呼してるようでした(翻訳?…?)。
緊張増すバス車内★

そしてその大きなつぶやきは、いつの間にか僕の左横ににじり寄って来ていました。
さあて困った!反応も無反応も選択出来ず、弱腰様は仕方なく現状逃避の為、バックの中からSDプレーヤーの‘赤ら顔君’を引きずり出そうとした時、彼の声が突然枝分かれし出したのです。

2・3人のキャラクターに!

今度はこの国語を、女子キャラクター用に裏声も交えながら、滑舌良く?ドラマ仕立てで喋り始めたです?

「大丈夫だよエドワード!僕は平気だから」「俺も平気さ!」「イヤッ!私はダメよ!」みたいなのが登場し、そして間髪をいれず「ドゥダディダダ!ドゥドゥ♪」なるメロディー口ずさみの別キャラまでも現れ、まるで劇団劇のよう!?

と思った瞬間に、ハタと還暦越えの真空管に淡く灯がともりました。
少し、イヤかなり危ない者風だが、実は‘役者’ではないのかと?

劇団の人達は度胸試しや、ある種の修行行為のためにそんな行動をあえて行うと言う話を、どこかで聞いた事があります。

そう言えば威圧感だけで危害を与える雰囲気を感じられませんし、そのテンションで他人に話しかけたりもしていないのです。
勝手な思考を巡らしている内 彼は、車両後部へ移り、それと共に強風域から僕は外れていました。
しかし、こうなると真実が知りたくなるのが心情♪

感度を上げた耳で、彼を追うようになっていました。
そこには簡単な形式が存在していて。
バス停車中のエンジンストップ時には、彼は静かになり♪

バスが動き出しノイズに包まれると、又喋り出すパターン☆に取れました!?

しかし、捜査時間切れ!

僕の下車するバス停到着となり、かなりな心残りを乗せたまま、バスは出て行ってしまいました♪

―とさ〜―


まさとし
2011_10月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
リハーサル、お疲れ様でした。

今は毎日「あの曲歌ってくれるかな〜」
「この曲生で聴いてみたいな〜」
「あの曲生で聴けたら3日ご飯食べなくてもいいなぁ」
・・・などなど考えて過ごしてます。

こんな事考えてる時が、今の私にとって楽しい時間です♪


FUSHINSHA・・Σ( ̄ロ ̄lll)
(↑不審者もローマ字で書くとなんかおしゃれ・・・笑)

ちょっとドキドキして読みました。
劇団の方ってこんな度強試ししたりするんですか?

そんな時は背中に「只今 修行中!」って紙貼っといてくれないと〜!!
真実が気になりますね。

『大丈夫だよエドワード!僕は平気だから』。。。
話の内容が気になりますぅ〜!!(笑)
nao : URL : : 13/Nov.2014 [Thu] 3:18 : 18z6nKnY
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30