Martintonの日々

昼うどん♪
上京した頃に幾度か此方のうどんに接し、故郷で慣れ親しんだ食感とあまりに方向が異なるので、住み慣れてもその後、うどんを食べる事はなくなってしまってました。
実は故郷博多は、ラーメンと言うよりもうどん麺文化の街なのです。
この事は、同郷出身の若手(僕から見て♪)お笑い芸人さん達のおかげで、最近少し知られるようにもなっては来ましたが?

さて、博多のうどん屋に入ると、まるで此方(関東)の立ち食いソバのような早さで、注文から二三分でテーブルに運ばれて来ます。
が、味は立ち食いクラスでは勿論ありません。
店によって当たり外れの少ない事を考えれば、博多うどんは、オススメ観光庶民食とも思えます。
アゴか炒子で味を整えた(店により異なる)透き通ったスメ(スープ)に浸かった、腰と言うモノに、全く縁の無い♪ふにゃふにゃ麺☆
個人的には、その上にかき揚げの海老天かゴボウ天(スープに相性のよか衣が溶けると、旨さが広がるとたい♪)、時には丸天(魚のすり身を揚げた円形の物)を乗せ、細切りの博多ネギをふんだん(減りましたがまだ、器からネギ取り放題の店も残っとります)にかけ、となり小皿に稲荷二三個が、青春博多時代の間食の一番手でした☆

二年前二度目の網膜剥離騒ぎの折、眼科近くの食堂街で、好みに隣接した味を見つけ♪そこがチェーン展開している店だと言う事を知りそれ以来、此方でもうどんがお昼のバリエーションに加わるようになりました。

帰郷時のお昼は、必ず(みやけ・因幡・大福)うどん☆と博多稲荷三個♪


まさとし
2014_11月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
私も帰福の折には、即! うどん屋に駆け込む一人であります。
すぐに行けるという点では『因幡』、ちょいと時間があれば『みやけ』・・・といったところです。
今は在京なので、どこの店に行っても『ごぼ天』がないので、こっちではうどんはまず食べませんね(笑)
あー、博多のうどん食いたか〜 ♥
チュー♪ : URL : : 22/Nov.2014 [Sat] 23:50 : xGwH3JrU
コメントする









Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30