Martintonの日々

☆まるで富くじを引き当てた思い♪確かな極意を知る院長
一応演奏者の端くれ、幾つになっても進歩を欲しがるものです。
去年の暮れから始めている別奏法未修練、未だ積み上げたレンガは見えて来ないのですが、結構身体を酷使しまくっているようです!指から手首、手首から腕、腕から肩、肩から背中、腰へと鉛のような疲労が蓄積して来ています。放って置くといずれは身体が怒って噴火を起こすはずです!過去に幾度も甘く見過ぎて、追い込んだ挙げ句、手痛い大噴火大爆発の経験をさせてくれました。けれど恐れて途中駅を終着駅にすり替えるような芸当は後悔ものです!既にと〜っくに鈍行とは言え、進行方向を変える訳には行かないのです!
そこで自分に則した、相性も加味できる贅沢な助っ人が居てくれれば、心おきなく頑張る事も出来るし、無理な駒を使う勇気も生まれるはずです!

ここの院長!当たり前にただ者は何かを知り尽くしています!
まだほんの一年余りの付き合いですが☆


まさとし
2008_1月 : comments (2) : trackback (x)
ご対面
夜更かしが近頃定着しそうな構えなので、体内時計調整の意味で、天気のいい朝は私を一押しして、ベランダに出る事にしています。
真冬の底なのに、しばらくすると寒がり屋の一番手が上着を脱いでいたり、突然スーッと元気が浮き出して来たりするのです。
太陽の不思議な力の一つな訳です☆


まさとし
2008_1月 : comments (2) : trackback (x)
博多『ブラジレイロ』発
嬉しい事に75万9997本 全国ローソンにて限定発売中です!ここに3本ありますから♪
物心ついた頃からコーヒーの香りを身近で心地よいものにしてくれた喫茶店です。リーチ君(父)に毎日のように夕方連れられて訪れてました♪
今では帰郷のおりの楽しみの一つとして、寄らせて頂いてます☆
生家 西門蒲鉾を中洲方面に「ま〜すぐ」福神流(博多どんたく港祭り 松囃子の時の流れです!山笠の同流れは今は消滅しています)の町並みを10分程 大博通りをまたいで歩けば、左側道の角に見えて来ます。
思い出多き二階席に上がります。


まさとし
2008_1月 : comments (9) : trackback (x)
おむらいす♪
再再放送らしい、街角の洋食レストランが舞台のTVドラマを見ていて、主演女優とオムライスに惹かれ始めている今日この頃です。
ツアー帰り、ついでの用事もあったので寄り道して、京都で最も有名な?『おむらいす』を食べて来ました!♪
大盛どんぶりめし二杯はあろうかと思える量にビックリ、頑張り甲斐も虚しく五分の一を残して敗退してしまった私。それでも少しも残念な気分にならない程超越満腹でした♪
驚いた事に、後から入店してきた御近所風のオバサンたち3人が同じものをサラダ付きで注文していました。どうも食べ慣れている感じなのです。漏れ聞こえて来る話から。割と痩せ形の3人が果たして完食するのか!確かめたい衝動にかられましたが、帰りの新幹線の時間が迫っていたので叶いませんでした。
むしろこの事のほうが残念でありました♪とさ!


まさとし
2008_1月 : comments (6) : trackback (x)
烏城天守閣 金のシャチホコと後楽園
お庭もお城も(外観は勿論遠くから何度も眺めてます)生まれて初めて拝見しました。何度岡山に来ていたことでしょう!もったいなかったかも♪
梅の時期には早すぎましたが、真冬の晴天が幸いして程よい観光が出来ました。
お昼にはグルメの姫野君から教えてもらった、あっさり醤油味が深い『天神そば』(素敵でかわゆいおじいさんがご主人の)を頂き、おなかも気分も心地よい散歩日が仕上がりました♪


まさとし
2008_1月 : comments (3) : trackback (x)
さ〜て!チューリップ初め
スタッフの「まもなく開演いたします」の声に集中を高めて行きます。
舞台袖の椅子に座り、両手の指を組み、手の平を前に押し出して七十五秒ストレッチと精神統一のため目をつぶります。『気』が身体の真ん中あたりに来るのを確認して指をゆっくりほどきながら目をあけて行きます。
これが本番直前の私の儀式☆やれることは全てやった☆よ〜し! ・・・と自分に語りかけ、充満した光カーテンの懐に足を踏み入れ、お客さんと同じ空気空間に染まるのです♪

今年は倉敷からの幕開けです☆


まさとし
2008_1月 : comments (4) : trackback (x)
隣りの新聞ねえさん
私が座席につく頃には既には新聞を広げてバサバサ状態。サラリーマンの男性であろうとの思い込みは見事に外れ。四つ折りにした新聞を左手に持つ姿は若い女性でした!それもいわゆる今時の服装雰囲気の女性、誰がどんな格好で新聞を読もうが勝手に決まってますが、その服装と新聞と新幹線空間との違和感が不思議に思えたのです。
一人旅の退屈しのぎを見つけた思いでした。勿論おぼつかない私の視力です、必要以上の観察は彼女に不快感をもたらすやもしれません。アレコレといろんなシチュエーションを頭の中に並べてはひまを潰していました。その内ついうつらうつらしてしまい、我に返って右座席に目をやると彼女も仮眠中でした。両の手に新聞を握りしめて。やがて目覚めてはまた食い入るように読み始めるのでした。
名古屋到着アナウンスに促され新聞を大事そうにしまい込んだ彼女、席を立つ時一瞬だけ会釈を交わして下車して行きました。小さな謎を置きみやげに♪
新聞熟読以外はごくごく普通のおねえさんでした。

  夜走り烏城と〜っても綺麗でした☆


まさとし
2008_1月 : comments (3) : trackback (x)
いつまで日本にいるんだろう♪ボブサップ発見
六本木のミニシアターへ向かう途中に遭遇しました!
「巨大な塗り壁のようだった」と連れの人達が言ってましたが、残念!何故か私の視界には写り込みませんでした。
スレ違いざま、聞き覚えのある声にハッとして、遅ればせながら携帯に激写♪
中央、この真冬に信じられない半袖Tシャツの男です!

そう云えばチェホンマンと楽屋が隣り同士だったのに一度も出会せなかった私です。


まさとし
2008_1月 : comments (4) : trackback (x)
居残りライト
この時期の夜を走っていると闇の中から、街角から、ぽつんぽつんと灯りの束が現れて来ます。
去年末を華やかに彩り、年明けを飾っても尚まばゆい力を持ったイルミネーションと、意味もなく祭りの影を引きずり、後片付けをも待ちくたびれたかのような、少し物悲しいひかりを点滅させる電飾達です。
ほんの1ヶ月前まで同じように、人の心を暖かくしていたはずなのに★


まさとし
2008_1月 : comments (1) : trackback (x)
はちゃっと〜
博多弁です。
「いけてる〜」とか「かっこいい〜」みたいな意味です。
正月 浅草伝法院通りの雑貨屋でこれを(自転車の方ですよ)見つけた時 思わず「キャーッ はちゃっと〜!」と小声ですが叫んでしまいました。(なんと国内語にあるまじき響きでしょうね♪発声者の私が驚かされましたもん)
ちなみに反意語は「はちゃっとらん!」です。
〜んな話題も「はちゃっとらん!」とは思ってますが、すっかり忘れていた博多言葉のふいの登場だったもので。


まさとし
2008_1月 : comments (2) : trackback (x)
Jul.2022
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31